おひな様の飾る位置って?? | 大阪・天満橋のシュガークラフト教室♪ずっと飾れるかわいいケーキ

大阪・天満橋のシュガークラフト教室♪ずっと飾れるかわいいケーキ

大阪市中央区(天満橋)で開講している、お菓子作り、もの作りが好きな方のための、お砂糖を原料に花や動物をつくるシュガークラフトの教室です。全くの初心者さん大歓迎!シュガークラフト世界大会元チャンピオン講師が個別に初歩からレッスンいたします!


テーマ:

● おひな様の飾る位置って??

 

こんにちは、天満橋のシュガークラフト教室 中村美和です。

 

ひな祭りですね。

 

先日、ひな人形にまつわるケーキのオーダーの依頼がありました。

 

飾るときにお雛様は向かってどっちが正しいのか、お内裏様はどっち?

 

 

いろんなおひな様の画像を見てもバラバラで、わからなかったので調べました。

 

結果的にどちらでもいいそうです(笑)

 

お内裏様が左(向かって右)でお雛様が右(向かって左)で並んでいるひな人形のことは「京雛」といわれているそうです。

 

そしてお内裏様が右(向かって左)でお雛様が左(向かって右)に飾られる場合は「関東雛」と呼ばれているそうです。

 

関東と関西で違いがあるんですね。

 

全国的には関東雛のほうがより一般的になっているそうです。

 

昨日テレビで観たのですが、最近のお雛様の中には目が今どきな感じで化粧感があるお雛様もいるんですね。少し驚きました。

 

久しぶりにへ~って思ってしまいました。

 

最後まで読んでくださってありがとうございます♪

 

大阪・天満橋のシュガークラフト教室:中村美和さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.