大阪・天満橋のシュガークラフト教室♪ずっと飾れるかわいいケーキ

大阪市中央区(天満橋)で開講している、お菓子作り、もの作りが好きな方のための、お砂糖を原料に花や動物をつくるシュガークラフトの教室です。全くの初心者さん大歓迎!シュガークラフト世界大会元チャンピオン講師が個別に初歩からレッスンいたします!


テーマ:
● 出品直前に作品がこわれてしまったらどうしますか?

こんにちは、天満橋のシュガークラフト教室 中村美和です。

第11回日本シュガーアートコンペティション2017でNorieさんはミニケーキ部門でセレブレーションケーキ部門に出品されました。

見事、優秀賞を受賞されました。

コンテストに出品される生徒さんは、教室で作品制作される方とご自宅で自分で全部制作される方がいらっしゃいます。

Norieさんの場合、デザインがなかなか決まらず、コンテスト一週間前くらいから質問などmailでのやりとりだけさせていただきました。

制作途中で行き詰まってしまって悩まれたときもあったようです。

カバーリング(ケーキを砂糖が原料の粘土状のもので覆うこと)がうまくいかずに、何度も失敗して粘土状のペーストをかなりたくさん使ってしまったそうです。

作品のデザインは、はじめにきちんと考えておく必要があります。

特にNorieさんのようなデザインのケーキは、制作するのに順番があります。



デザインをしっかり決めておかないと、製作工程が違ってくるからです。

やっかいなことに、途中で壊してしまった場合、元の通りのデザインに直すことがかなり困難な部分も出てきます。

Norieさんの場合、コンテスト2日前にこわれてしまったり、搬入前日に移動でこわれてしまった部分があったようです。



直せないと連絡いただきましたが、、、、

皆さんなら、このような場合どうされますか?

こわれたままの出品はせっかく作った作品のマイナスポイントになってしまいます。

少し違っていておかしくても、できる限り修理すべきです。

Norieさんにもデザインが多少変わってもいいから直して!とmailでやりとりして、、、、なんとかがんばって修理したようです。

実物は会場で初めて拝見しました。

個性的な作品ですが、とても素敵だと思います。



とても繊細な作品なので、こわれやすいですよね。。。。

お持ち帰られて、無事だったか気になります。

先生、先日はありがとうございました。

処女作で受賞できてうれしかったです^^

後日お礼のmailをいただきました。

Norieさん、お疲れ様でした。来年もステキな作品楽しみにしていますね。

最後まで読んでくださってありがとうございます♪


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

大阪・天満橋のシュガークラフト教室:中村美和さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります