②男性性を直視することとなった | 現実を使い現実を創る方法*POF理論

現実を使い現実を創る方法*POF理論

自分をポインターにして映し出された
相対の世界を受容することで
その世界の相対である自分を愛する 
 
世界のすべてがわたしと相対との愛の響き

それが宇宙愛の体現者 Cosmic Artist
問題が創られない領域、パートオブフォーチュンを創造できる者


テーマ:

流れ星はじめましての方 訪問有難う御座います♡

はじめましてのごあいさつ!全コンテンツの前提です。

リンク【世界観の大前提】問題を創り出す位置、創らない位置!

 

 

欠乏感(大きな不安)が爆発すると、拡散力につながり、不足を埋めようとするために敵をつくり、仲間と結束する。という地球パターンを捉えることになった昨日の出来事。

リンク①男性性を直視することとなった

 

安心のためには、敵が必要。

 

だからこそ、

上差し何を敵視しているのか?

上差し何に不安を持っているのか?

上差しなんのために拡散しているのか?

上差しなんのために情報を集め共有しているのか?

 

ここをキャッチすることは重要。

 

 

事件・ニュースはポインター。

ここから湧き上がるものによって、自分のインナーワールドの構成要素がわかる。

 

 

ここでひとつ大事なこと。

 

それぞれインナーワールドを生きているということが、最重要である。

 

 

 

なにかというと

親の世界と、子どもの世界は違うし、

それぞれ、個々の世界は違う

ということが大前提としてある。

 

 

 

子どもたちが帰宅後、

まずは学校からどのような説明があったのかを質問してみた。

 

 

「理由は言えないけれど、早いお帰りになった。」

 

 

これが、次男、三男の共通理解だった。

 

 

 

学校は、下校時刻を早めたことについても、何が起きているのかについても、子どもたちには伝えていない。

 

 

 

我が子たちのインナーワールドでは、何も起きていない。

被害者も加害者も生まれていずに、安心安全な環境のままに、学校生活は続いている。

 

いつもと同じように、元氣に遊びにでかけていった。

 

何も起きていない。

 

 

 

ここで選択肢が出てくる。

上差し大人のインナーワールドを共有するか

上差し子どものインナーワールドを大切にするか

 

 

わたしとしては、大人は子どもを守ってくれる安心な存在。わからないことを教えてくれて、より楽しく、より喜びに触れるような時間を創り出してくれている存在として、信頼できる空間として大人を位置づけていきたい。

 

安心が現実を創造している大元であることを知っている。

 

そこに、どのように今回の情報を活かしていくのか?という部分は大きなレッスンだと思う。

 

それはわたしのインナーワールドをどのように創造していくのか?という大事な時間でもある。

 

 

 

あるお母さんは、

子どもたちにテレビやインターネットを見せて

あの先生が、悪いことをしたから、つかまった。

大人でも悪いことをしたら、つかまる。

あなたも、悪いこと、人が嫌がることをしてはいけない。

 

 

そう伝えたと話していた。

 

 

でも

逮捕されないために嫌がることはしない、悪いことはしないというこの世界観は

 

鬼が出るからおとなしくしよう

怖いおじさんに怒られるからいい子にしなければいけない

 

ということと同じ。

 

自分以外に軸があり、圧力や制限のなかでの抑圧による正しさという部分が強調される。

 

力を自分以外に与えてしまい、自分は弱い、力のない存在であるという部分をインプットしている。

 

これは

自分への攻撃現実を創り出す大きな大きな土台になる。

 

 

 

なにもなくても、自然と思いやりは湧き上がるのが人間。制限や抑圧さえなければ。

優しくしなければではなく、ただただ優しく関われる。

 

ここから創造したい。

 

 

 

この事件は、ただのポインター

どう生きるのか?

どのような世界を創造するのか?

それが顕著に表れる。

 

親が、学校を敵とし、ニュースをみながら悪いことの位置で子どもと共鳴するのかという部分は、子どもの世界観に大きな刺激を与えている。

 

 

今回

わたしとしては、まだ何も伝えていない。

子どもたちは、平常のまま登校した。

 

 

 

なんのために情報収集し、拡散し、井戸端会議をし、保護者会に出席するのか?

コアを探れば

安心して生活したい

という部分。

 

それをどの角度で、どのように創造するのかは、本当に個人の創造の違いが出てくる。

 

どう生きるのか?

どう創造するのか?

 

教員の逮捕はポインター。

そこからの人生創造は個々に委ねられている。

 

どのフィールドで生きるのかの二極化はこのようなところにも表れている。

日常こそが大事だ。

 

 

 

つづく

 

 

■おすすめ記事

リンク【保存版】感情に翻弄されない生き方 #POF理論

リンク重要!””【保存版】感情に翻弄されない生き方 #POF理論””

リンク【保存版】インナーチャイルドを癒す具体的な話

リンクストレスとリラックスと身体のしくみ!”””【保存版】感情に翻弄されない生き方 #POF理論”””

リンク具現化イメージの目的

リンク【LINE@質問】因果関係を解除するとは?!

 

 

 

■月間の記事一覧

リンク5月の記事一覧

リンク6月の記事一覧

 

 

画像をクリックアップ

POF理論をベースにしたワークショップ

世界観に刺激を入れます!

東京・埼玉・千葉・大阪・大分と
全国各地よりご参加いただいております。
次回は9月6日

(募集お知らせをお楽しみに!)
参加者2名以上で開催!
お問合せ下さい!

 

画像をクリックアップ

 

LINEの友達検索から<@hiromitti>で登録できます。
 ”@”は必ずお付け下さいませ♪

 

新月・満月、最終受信エネルギーや

その時の思い付き

お知らせなど不定期で配信しております。

 

また、自動返信モードにしております。

「キーワード」とコメント頂くと、

一覧が自動配信されます。

どうぞご活用下さい。

 

 

画像をクリックアップ

 

ひろみっちワールド全開で

ダイレクトに書いています!

是非読んでみてね!

 

 

ひろみっち┃幸運領域で生きる方法:新しい保健師活動さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス