ご訪問ありがとうございますニコニコ

東武東上線ときわ台駅徒歩6分

閑静な住宅街にある

イメージコンサルティングサロン

Salon de Fino(サロンドフィーノ)です。

 

パーソナルカラー診断/骨格診断/

パーソナルブランディングの

ご予約はこちらからお願いします。

右矢印 ご予約・お問い合わせ

右矢印 ご予約可能日

 

「メラビアンの法則」を聞いたことがある方もいらっしゃるかと思います。

 

「そうそう、あれね、人は見た目が9割。

話している内容なんて7%しか伝わらないん

だから、話の内容よりも見た目が重要なのよねニヤリ

 

と思い出された方、ちょっと待ってください!

 

そもそもメラビアンの法則とは、アメリカのアルバート・メラビアンさんという心理学者が、「ありがとう」や「ごめんなさい」「好きです」といった、好意・反感などの態度や感情のコミュニケーションにおいて、メッセージの送り手がどちらとも取れるメッセージを送った場合、メッセージの受け手が声の調子や身体言語といったものを重視するということを実証したものです。その割合は下矢印

 

●  7% が ‘Verbal’ 

(言語情報:言葉そのものの意味・話の内容等)
● 38% が ‘Vocal’ 

(聴覚情報:声のトーン・速さ・大きさ・口調等)
● 55% が ‘Visual’ 

(視覚情報:見た目・表情・視線・しぐさ・ジェスチャー等)

 

お客様からのクレームに対して、

「申し訳ありませんでしたあせる

と謝罪するとき、「こちらが悪くないのに・・・・」という仏頂面の表情えーや声ダウンがついつい出てしまった場合! 「申し訳ありません」という言葉と、貴女の態度はウラハラショック矛盾してしまっているわけですから、謝罪の気持ちは伝らない真顔、ということなんです。

 

これが一人歩きしてしまい「中身より見た目が大事」と誤解される方多くなってしまったわけですが、通常のコミュニケーションにはあてはまりません。当然中身は大事です。

 

しかし、人の第一印象は会ってから概ね3〜6秒で決まると言われていますので、中身で判断される前にやはり見た目で判断されるわけです。しかも、第一印象を覆すのはなかなか難しいと言われています。

 

「中身より見た目が大事」ではなく

「中身も大事だけど見た目も同じくらい大事」なのニコニコ

 

ということでいかがでしょうか。

本日も最後までお読みいただき有難うございます照れ

 

ブログランキングに参加しております。

皆様のポチっが励みになりますおねがい

にほんブログ村 転職キャリアブログ キャリアへ
にほんブログ村

AD