戒厳令の必要性⁉️日本にも影響が⁉️内戦状態⁉️ | ありすママの東大に行ける子を育てる親学
新型コロナウイルスに関する情報について

ありすママの東大に行ける子を育てる親学

”ありすママの東大に行ける子を育てる親学教室”のブログへようこそ!”親育てアドバイザー ありす”が、東大生を育てた母親だから言える「ありす式親育て法」をお伝えします。子どもの才能、脳力、能力を伸ばすための親の在り方をお伝えします。

【戒厳令の必要性】
うわー、戒厳令⁉️

アメリカは内戦状態⁉️

リンウッド弁護士が、
トランプ大統領に戒厳令の
必要性を訴えています‼️

フランクフルトでのドミニオン
システムの襲撃は、アメリカ同士
の戦いとなってしまいましたね…

報道がされていないですが、
どうやらあちこちで、暴動が
起きているらしい…

民主党、アンティファは、
あらゆる手口で、選挙結果を
妨害してくる。

戒厳令が発動されれば、
日本は日米同盟を結んでいて
日米地位協定があるので
何らかの影響があるかも⁉️

本当は、かなり緊迫して
きているのです⁉️

日本はコロナ煽ってるだけで、
良いのかしら❓❓


リンウッド弁護士のTwitterから
(Google訳)
↓ ↓
おはようございます。

私たちの国は内戦に向かっています。
サードパーティーの悪役が彼ら
利益のために作成した戦争
WeThePeapleのためでは
ありません。

共産党の中国は、私たちの自由を
奪うための悪質な努力を主導して
います。

トランプ大統領
戒厳令を宣言する必要があります。
↓ ↓
Good morning.

Our country is headed to civil war. A war created by 3rd party bad actors for their benefit - not for We The People.

Communist China is leading the nefarious efforts to take away our freedom.

@realDonaldTrump should declare martial law.

リンウッド弁護士のTwitterはこちらです

 

 

プレリリースから
↓ ↓
WTPCは制限された戒厳令を宣言するためにトランプを要求します

WTPCは、立法府、裁判所、議会が憲法に従わない場合、全ページのワシントンタイムズ広告で、大統領に新しい戒厳令を発動し、私たちの投票を保護するよう呼びかけています。

オハイオ州アクロン:
本日、TEA党に加盟している
We the People Convention(WTPC)の会長であり、
Portage County TEAPartyの
事務局長であるTomZawistowskiが、トランプ大統領に
限定的な武道法の発動を要求する全ページ広告をワシントンタイムズ紙に掲載しました。

立法者、裁判所および議会が
憲法に従わない場合、米軍が
新しい自由で公正な連邦選挙を
監督できるようにするため。

Zawistowski氏は、
「大統領、立法府、裁判所、議会に対して、私たち国民が代表者を裁判官、弁護士、裁判所、知事、国務長官、議会に選出する独占的な
憲法上の権利を譲渡しないことへの懸念を表明したかった。

腐敗した選挙当局と地方の政治家、
腐敗したメディア、または左派の暴力の脅威!

大統領を選出するのは私たちの
独占的権利であり、その神聖な
権利は、腐敗した民主党/社会党によって行われた大規模で
計画された違法な選挙詐欺に
よって侵害されています私たちの投票を盗むために私たちの国中の工作員。
私たちはそれを支持しません。」

この広告は、エイブラハムリンカーン大統領が南北戦争中に連合を救うために行った並外れた
行政措置と、今日私たちの国を
分裂させている文字通りの内戦を比較しています。

私たちの裁判所または議会が
実際に憲法修正第12条に従い、
私たちの選挙プロセスを擁護するという完全な確信なしに、広告はリンカーンのようなトランプ大統領に彼の事務所の並外れた権限を行使し、一時的に国民の真の意志を反映した全国的な再投票を軍に実施させるための、これらの連邦選挙の憲法と文民統制。

連邦候補者のみ。
紙の投票用紙。
コンピューターはありません。

両党がすべての投票を監視して
いる状態で手作業で数えます。

登録有権者のみ。
居住地を証明する写真付き
身分証明書。

広告の全文は次のとおり です。
戒厳令は南北戦争よりも優れているため、

投票を擁護するために特別な
権限を行使することが必要に
なる場合があります。

南北戦争が始まってから数か月後、
エイブラハムリンカーン大統領は北軍の保護に苦労しました。

多くの人がリンカーンの大統領
権限の異常な使用、特に「ヘイビアスコーパス」の権利の停止に
反対した。

1863年6月12日、リンカーンはニューヨークタイムズに
掲載された手紙で彼の極端な
措置を擁護しました。

憲法第1条を引用して、彼は次の
ように主張した。

「私たちの反乱の事件…実際、
明確で、煽り立てられた、
巨大な反乱の事件。
そして、「ヘイビアスコーパスの令状の特権は、反逆または侵入の場合に、公共の安全がそれを要求する場合を除いて、停止されない」
という憲法の規定は、私たちの
本件に特に適用される規定です。 」

リンカーンは、一連の並外れた
大統領命令を正当化する際に
同じ理由を使用しました。→中略

また、リンカーンが行ったように、選挙結果に影響を与えるように設計および証明された破壊的なメディアの一方的な宣伝を沈黙
させ、
ビッグテックの違法な検閲を
終わらせ、選挙プロセスまたは
私たちに対するアメリカ国民の
信頼を回復するために行動しなければなりません。

国として継続することはできません。
そうしないと、南北戦争以来
見られなかったレベルの大規模な暴力と破壊につながる可能性が
あります。

限定戒厳令は明らかに南北戦争
よりも良い選択肢です!

多くの人がリンカーンの時代と
同じようにこれらの行動に反対しますが、私たち国民は、私たちの憲法上の選挙権の喪失を防ぎ、
共和国を保護するために、
これ以上の行動で十分ではない
ことを理解しています。

大統領、あなたの誓いを称える
時が来ました。
リンカーンがしたように、あなたが私たちの国を救うために大胆に行動する時が来ました。
私たち国民は全国的な再投票を
支持します。

また、あなたが私たちを守るためにあなたの力の範囲内で行動しなければ、私たちは自分たちの手で問題を取り、私たち自身で私たちの権利を守る以外に選択肢はありません。

全文は、下記のURLから
お読みくださいませ。

プレリリースはこちらです❗お読みくださいませ。



#戒厳令
#必要性を訴える
#アメリカは内戦状態
#リンウッド弁護士
#WeThePeaple
#リンカーン大統領
#南北戦争
#日米同盟
#日米地位協定
#トランプ大統領勝利


親育てアドバイザー 村木有子(…のmy Pick