自然食・雑穀菜食サークルクッキング♪ | 倉敷市のサロンHARMONYです♪

倉敷市のサロンHARMONYです♪

敏感肌、繊細な方、HSP専用サロンです。


テーマ:

HARMONYでは、自然食・雑穀菜食をお勧めしています。
サークル活動で、時々クッキングをしたり、自然食を食べに行ったり、持ち寄りパーティをしたり・・イベントやってみたり・・しています。

その時に、添加物の話をしてみたり放射能の話をしてみたり・・その時その時で内容は色々ですが、雑談で情報交換しています。

 

発起人はみほさんなので、当初、自分で全部色々と用意していたのですが、みほさん多忙になってきて、ちょっと私の仕事を取って欲しいと言いましたら、分担してくれると言うのでそんな感じになりました。

 

どんな人が寄っているかと言うと・・子供さんがアトピーやアレルギー、自分自身が動物を食べたくない、添加物が嫌、HSPだから・・などなど理由はそれぞれですが・・自然食・雑穀菜食で添加物や農薬を避けた食生活をしていますと・・

 

残念な事に・・コンビニとかスーパーとかの惣菜やお弁当やらお菓子などが・・食べられなくなります(笑)これはやった人しか分からない事なのですが(笑)本当にダメになります。

 

うちの里子ちゃんなどは、ジャンクフードもスイーツもコンビニも行っていて・・それでも、時々調子悪くなっている(笑)ようで・・あまり食べなくなったと言い、この家を出た後の生活が不安だとも言っています。世の中の普通の食事になった時に、私はどれだけお腹を壊すのだろう?と(笑)

 

人間には恒常性維持機能というものがあり、常に一定に保つ機能という意味ですが、これはお肌にも共通する事ですが・・毒性のあるものでもづっと使い続けていれば見た目には何ら不都合なくって・・・慣れてしまえば大丈夫になるのですが・・。

 

毒性のあるものをづっと入れ続けると、じゃあどこにその毒が行くのか?というのが問題で・・お肌の場合は毛細血管から体の中へ・・食事の場合はもっとダイレクトに体に入っていくので・・一見何事もないように見えますが、体の中には確実に蓄積されてゆき分解するべき場所が、もう一杯一杯で「無理っす」という状態になると「病」という状態になってしまう。のです。

 

いけないのが、砂糖や農薬で・・脳神経に関わるので、鬱や情緒不安の原因になってしまう事です。

 

食が人間にどれほど影響を与えているのか?これも自然食や雑穀菜食をやってみないと分からないものです。HSPのみほさんは、その食材をどんな人作っているのか?とかその人の気を感じてしまい体に出てしまうので・・とても厄介なのですが・・

 

体が弱い、精神状態が不安定とか・・そういう方こそ、ぜひ自然食・雑穀菜食をしてみませんか?

 

ーーーーーーーーーー

 

次回は12日金曜日

メニューは

蒸しキャベツとワカメのもちきびドレッシング和え
高キビ味噌じゃが
さっぱりしょうがスープ
マンゴープリン風オレンジつぶぷる

 

 

 

 

 

本を見ながらみんなで作っています。

 

 

 

 

 

 

 

salon-harmonyさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス