精神状態の事・・ | 倉敷市のサロンHARMONYです♪

倉敷市のサロンHARMONYです♪

開業から16年目になりました。ココロ・体・魂・美容をトータルでアドバイスしています♪2017年、自然食サークルも始めました♪


テーマ:

HSPのみほさんの精神状態の事を書いてみます・・

小さい頃は・感受性の強い子と評されていました。

感情を持ちこたえられない・・些細な事でわーーっと激しく泣いたり、切り替えがとても難しい子でした。

今で言うと、ADHDの子供のような感じでしょう。

自分のやりたいことを延々やりたい・・だから、それを邪魔されると気持ちが暴走してしまう感じでした。当然、切り替えが上手な普通の子とは違うので、親や兄妹から罵られるんです。

自分の時間を使っている時は、とにかく大人しくて・・なんでもすぐに覚えるし、手は掛からない方だったのですが、感情のコントロールだけはとても難しいのでした。

 

感情のコントロールもどうして難しいのかというと・・あまりにもあまりな事があるからで・・この辺はHSPでないと理解できないと思うのですが・・・。

 

年齢が上がっていっても・・これはコントロールできないので・・高校生になった頃に、一度・大学病院の心療内科に行きました。イライラしたり、激高したり、泣き続けたり、眠れなくなったり・・。

 

高校生の頃が一番しんどかったかもしれません。だからといって普通の生活が出来ないのではなくて・・普通なのに、感情だけがコントロールできないのです。人前では抑えられていても、家に帰ると自室で泣き続けたり・・。幼いころから、感情を言語化できないまま育っていたので・・感情の暴走期でした。なぜそうなるかというと・・これもHSPだと分かるのですが・・あまりにもあまりな事があるからなのです・・(笑)

 

あまりにもあまりな事を・・時々発言して誰かに聞いてもらうと・・・すごく馬鹿にされるか・・繊細なんだねと評されるか・・とりあえず、自分が抱えているものと同じ重さでは受け取ってもらえないのでした。

 

芸術や小説などの影響も大きく受けてしまい・・・日常生活を送りながら心がフリーズしていたり・・くりかえし生きている事への虚無感に襲われていたり・・。これは、社会人になってもずっと続くのでした。

 

しかし、この状態がづっと続くのはさすがにしんどくて、みほさんはアルコールを飲むことで、これらの過敏さから逃げていたのです。

 

結婚すると、愛着障がいの部分が暴走を始めました。インナーチャイルドの暴走です。鬱です。日常生活は送れるのですが・・心は真っ暗闇に覆われてしまったのです。

 

これも言語化できない事柄を一生懸命言語化して、昇華させようと思うのですが・・・一生懸命考えても、言語化しようとしても、その原因となる問題にたどり着かないのです。インナーチャイルドセラピーで取り組んでみても・・いくら自分が頑張ってきたことを認めても・・じゃあ?どうして私だけこんなにしんどいの?という部分が解決しないのです。

 

HSPなので、私が何かしら前世でものすごく悪い事をしたからなのか?とか・・とにかく、どういう状態であっても自分を責める方向へしか向かなくて・・・そういう事を口に出したら、誰も何も答えられないのです。

 

みほさんは一つも悪くないのに・・だれもあなたは悪くない・・と言ってくれないのです。だからやっぱり自分が悪いんだろう・・としか思えないのでした。インナーチャイルドでも前世でも、繰り返し取り組んでみても・・楽になった部分と、繰り返ししんどくなる部分がづっと変わらないのでした。

 

セラピーツールはツールにしかすぎず、個としての問題には辿り着けなかった・・・。

 

HSPである事が分かりHSPカウンセリングによって・・その核心部分が拾えて、食事などの影響で、やっと精神状態が落ち着いたのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

salon-harmonyさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス