化粧品の毒性判定事典なるもの♪ | 倉敷市のサロンHARMONYです♪

倉敷市のサロンHARMONYです♪

敏感肌、繊細な方、HSP専用サロンです。


テーマ:

 

オーガニックについていろいろと勉強していたら、日本はものすごーーく遅れている事が分かりました。

 

食べ物についても化粧品についても・・・・・遅れているんだなぁ~。化粧品については、薬事法の絡みなど含めてすごく日本は遅れていると知っていましたが・・オーガニックの分野についてもだそうです。

 

放射能の件にしてもだけど・・日本人って国をすごく信用しているんだなぁ~って・・素直な国民性なのかなぁ~?って思います。みほさん・・そういう点では素直じゃないので・・安全性については色々疑っています。国が認めている安全基準ってやつ・・ね。

 

化粧品の全成分表示が義務付けられた時に、なんてズルいんだろう・・と思ったのですが・・それまでは指定表示成分と言われていた、好ましくない成分だけの表示ではなくて、良いも悪いも全部表示しなさい・・。でも、医薬部外品にしたら表示しなくて良いよーって奴ね。

 

そうなるご・・何が良くて悪いのか?全成分表示させるなら、その内容がどのくらい入っているのか分量も書かないと・・成分の良し悪しだけで判断させるのも無謀すぎない?なんて思ったんです。

 

消費者が安心して使える指針を何も示さず、全成分表示させたから・・あとは消費者の責任と作った人の責任ね!よろしく!って感じ。

 

そんな事だったりして・・段々・・国のやることはよう分からんなぁ~という気持ちが湧いても来るというもの・・・・みほさんも、年をとったんですね。

 

前置きが長くなりましたが・・・

 

 

HARMONYで作っている「なないろてんしのスキンケア」を・・この事典で調べました♪

 

この本を書いている小澤王春さんは・・成分に関しての基準がすごく厳しい・・石油由来の合成界面活性剤をほとんど■■黒2つにしているんだけど・・安全性については、それぞれが違う事も分かっていながら・・・・ひとくくりに■■にしたと本の中でも書かれてあり、中に入っている分量でも安全性は違ってくるとも書いています。

 

なので・・黒二つだからと騒がずに・・落ち着いて見てみましょう。

 

本の中の基準は

洗顔は■4つ以上で  あんまりおすすめせんなぁ~

化粧水だと■4つ以上

美容液だと■4つ以上

乳液・クリームだと■5-6以上

 

という事にしているようです。

 

さて・・・・・

 

なないろてんしのクレンジング

■3つでした。セーフ

 

さて・・なないろてんしの化粧水

■2 △1つでした  セーフ

 

さて・・・なないろてんしの美肌乳液

 

■9個でしたーーアウトー♪

 

ーーーーーーーーーー

で・・ここで・・なぜ?乳液・クリームだと■6個までの許容になっているのか?というと、乳化させるために使わないと分離してえしまうから・・致し方ない・・という事なのでしょう・・・

 

そして、なぜ・・■が増えているのか・・いくつもの成分を安定して届けるために・・安定させるための界面活性剤が必要になるという事なのです。

 

特に、なないろてんしの美肌乳液では、シワ・シミ・ターンオーバー促進を一つの商品で実現させる為に、増えてしまっているんだという事ですね。

 

ーーーしかし、同じ人が処方したことを考えるとね・・クレンジングや化粧水の■の少なさから、かなり安全に配慮している人が処方しているに違いない訳です。そして、美肌乳液を使えば美容液が別に要らないので、お肌の上に乗る■の成分の数が自動的に減りますね・・・品数を多く使っている人は、■も増えるので危険度が増すという事にもなりますね。

 

それから・・日本の中にもオーガニックスキンケアの判定基準を独自で審査している団体があるようで、そちらでも成分を調べてみましたら・・毒性があって使用不可になっているものは・・なないろてんしのスキンケアの成分内には、一つもありませんでした

 

なないろてんしのスキンケアは、植物由来の界面活性剤、植物由来の潤滑剤など・・植物由来のものを意識して使ってあることが良く分かりました。小澤さんの判定では植物由来でも界面活性剤はアウトにしているものが多かったですね。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

そんなこんなで・・基準を作っている人のさじ加減・・だという事もあり、、、あと・・これは刺激が強いよねーーという成分は、昔から言われている・・アルコール・色素・香料・・この3つです。

 

その次が・・防腐剤と言われているので、ここら辺は、肌弱いと認識されていている方は避けた方が良いでしょう。

 

また・・お肌の自然なターンオーバーを狂わせる事を避けているなら・ナチュラル志向なら他にも避けた方が良いものもあり・・オーガニックにこだわる人ならそれに拘れば良いし・・

 

そんなんじゃなくて・・とにかく私は肌が弱いのよーーーという人は、どんな感じで刺激を感じるのかを・・調査した方が良いでしょうね・・あと反応が強く出るアレルギーの場合は、、、植物性だろうが・・なんだろうが・・出るので・・用心深く選ばなければいけませんね。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

化粧品を販売している人が・・「絶対大丈夫」とか言うなら、その人は全く知識がない人だと思ってください。あとネットなどの口コミも微妙なものです。肌質は自分が認識している事と実際の肌が違う人、いっぱいいます。

 

肌が弱いんじゃなくて、乾燥しすぎているだけだ・・・という人もいる。肌の状態以前に体の栄養状態が悪いから潤えない肌が続いているだけ・・・とかね。

 

この頃は、肌状態の複雑な人が増えていますね・・・・肌を溶かすようなスキンケアを小さいころから使っているとか・・いろいろ原因があるのでしょうが・・乾燥肌の人ばかりです。

 

優秀なお肌をしている人は少ないですね。スキンケアでお肌を傷めずに、上手にお手入れしている人を見ることが殆どありません。

 

HARMONYのお客様は優秀な方が多いですけどね^^♪

 

めずらしくまじめにスキンケアを扱ってみました。

 

今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

salon-harmonyさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス