相続Q&A「遺言と遺留分」記事一覧 | 川崎市宮前区の相続・遺言・家族信託・終活の相談室 雪渕行政書士事務所

川崎市宮前区の相続・遺言・家族信託・終活の相談室 雪渕行政書士事務所

40代~の子供世代とその親に向けて、介護経験者が「エンディングノート、遺言、相続、成年後見、家族信託、介護等」終活の知恵袋を公開中。『もしもの時の備え』なら、雪渕行政書士事務所へ


テーマ:
介護離職を経験して復活した終活サポーター・行政書士の雪渕です


遺言書を書く男性


テーマ「Q&A : 遺言と遺留分」の記事を
一覧にしてみました。

総記事数 44

そもそも遺言ってどんな内容を書けるのでしょうか

臓器提供の意思表示を遺言でできるか

遺言書の「相続させる」と「遺贈する」の違いは?

「土地を相続させる」旨の遺言があれば登記できるか?

【重要】相続させる旨の遺言を受けた者が先に死亡していた場合、代襲相続は認められるか

自分で書いた遺言書は裁判でどのように解釈されるか

「財産をすべて任せる」旨の遺言はどのように解釈されるか

遺言で住所のみ記載された不動産の遺贈は、土地建物の両方を目的としたものと解されるか

夫婦連名で遺言を作成することができるか

遺言のしかたにはどのような方法があるか

自筆証書遺言の作り方と修正の方法は

身体不自由な人が、他人の添え手による補助を受けた自筆証書遺言は有効か

封筒にのみ署名・押印がある自筆証書遺言は有効か

保管していた遺言書はどうするか

公正証書によって遺言をするには

在日外国人が通訳を介して公正証書遺言を作成できるか

口がきけない人はどのようにしたら遺言ができるか

耳が聞こえない人はどのようにしたら遺言ができるか

目が見えない人はどのようにしたら遺言ができるか

未成年者が遺言することはできるか

認知症患者の遺言には効力があるか

病により意識が低下した状態で作成された公正証書遺言の効力は?

被後見人が後見人の利益となるべき遺言をした場合の効力は

公正証書遺言・秘密証書遺言の証人になれない人は

死を前にした危急時にはどのような方法で遺言をすればよいか

死を前にした人が遺言するのに遺言内容をすべて口で伝えなくてはならないか

外国にいる日本人が遺言書を作成するには

遺言の内容が相続分を侵害する場合の効力は

遺言で生命保険金の受取人を変更できるか

遺言者の死亡前または同時に受遺者が死亡した場合は

遺言を撤回するにはどうするか

後妻として甘受できない「夫が離婚前にした前妻への遺言」の効力は

同時死亡を前提とした遺言の効力は

夫の遺言書を発見!遺言の執行はどのように行えばよいか

遺言執行者がいるのに勝手に相続財産を処分したらどうなるか

遺言執行者の報酬はどのようにして決められるか

遺言信託とは

遺産分割の後で遺言が出てきたときにはどうするか

不倫相手に遺言で財産を遺贈する行為は公序良俗に反するか

父が生前贈与してくれた不動産を登記せずにいて、父が遺言で後妻の子に遺贈していたらどうなるか

【遺言のツボ】絶対に知っておくべき遺留分とはなにか

認知症の人が遺留分を侵害されたときはどうすればよいか

相続人の1人に全財産を相続させるには

遺言で相続人向けにメッセージを書けるか

相続・遺言・家族信託・終活の知恵袋行政書士|雪渕雄一さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ