アフタヌーンティセミナーin コンラッド東京 ~続編~ | 英国式紅茶教室 Salon de bonheur ~東京・世田谷・田園調布~

英国式紅茶教室 Salon de bonheur ~東京・世田谷・田園調布~

東京・世田谷(東急東横線・田園調布駅)にて英国式紅茶教室&マナー教室を開催しております
ゆったりと寛げる空間でホッとするひと時をご一緒に、一杯の紅茶から広がる素敵な世界をご一緒しませんか?

昨日の続きですメモ


今回のセミナーはザ・リッツ・カールトン大阪、ハイアットリージェンシー京都、パンパシフィック横浜そしてコンラッド東京と、4つのホテルで開催されていました

各回協賛する食器メーカーも違ったそうで、コンラッド東京はスポードが協賛で、沢山の商品が飾られていました宝石ブルー

私もお友達がスポードにお勤めされている為、最近はとても縁を感じますラブラブ

しかーーーーーしビックリマーク最近食器ばかり買っている私は、今回はジッと我慢の子であったのですゥ~しょぼん


セミナーの講師は、神戸にあるクイーンズフィニッシングスクール校長 佐藤よし子先生ドキドキと、ニューヨークペニンシュラホテル「The gotham lounge」のティーアドバイザーである、エリザベス・ナイト先生ドキドキでした


まず、第一部では、アフタヌーンティの始まりから食べる時のマナー・そして先生が英国留学中に経験された正式な貴族のアフタヌーンティのお話まで、どれをとってもとても興味深い内容でしたベル


今回佐藤先生は2つテーブルセッティングをされていました宝石赤

ひとつは、ヴィクトリアン時代のクラッシックなコーディネート王冠1

食器はボーンチャイナの“ブルーコロネル・プラチナ”でした

ちょっとテーブルクロスが全部写っていないのですが、ヴィクトリア時代のレースだそうです

その時代のクロスが現在も使用出来る状態なのがとてもすごい合格

そして、アンティークシルバーと共に飾られていて、とても素敵でしたラブラブ


       

そしてもう1つのセッティングは、モダンな感じでセッティングされていました宝石紫

こちらの食器は“オペラ”です

食器の縁にはストライプが入っていてテーブルクロスのストライプととても合っていました

レースの下に暗い色を引いているためとてもシックで品が出ていました


       


そして第二部はニューヨークに紅茶が伝わった歴史や、ニューヨークにある色々なティーサロンについてのお話でした

とても聞きやすい英語で、久しぶりに英語を聞いた私でも大体理解が出来ました合格(勿論通訳付きですよ!)

私はニューヨーク飛行機には行ったことがまだ無いのですが、こんなにもニューヨークにさまざまなティーサロンがあるとは知りませんでした目

一度是非今回紹介して頂いたティーサロン巡りをしたいと思いましたアップ



そして第三部はアフタヌーンティーでした

残念ながら、私は今回会場でもうお会い出来ないかと思った方々にお会い出来、お話しに夢中になった為、お菓子の写真を撮り忘れてガーンしまいました~叫び

なので、今回のメニューを掲載しますメモ


     まず一番下の段食パン

      サーモンと胡瓜のフィンガーサンドイッチ

      ロースとビーフのオープンサンド

      チーズトースト


     二番目の段ケーキ

      季節のフルーツタルト

      マーブルチーズケーキ


     三番目の段リンゴ

      アップルケーキ

      オレンジマドレーヌ


  そして焼きたてのスコーンは別のお皿でサービスでした宝石赤


     紅茶はキームンでしたコーヒー


そしてもう1つご紹介したいのが、各テーブルにセッティングされていたお花あじさいと工芸茶クローバーです

ホテルの雰囲気にとても合っていて落ち着いたお花のアレンジでしたドキドキ

工芸茶も綺麗に開いていましたクラッカー