今日は「人日の節句」 | 「港区田町と名古屋で人気の季節のおもてなし、和のおもてなし料理とテーブルコーディネートの教室 ル・サロン・ブラン」
2018年01月07日

今日は「人日の節句」

テーマ:和のおもてなし
{39E220E6-D2E1-4F99-A67A-1ED600895D6C}

今日は「人日の節句」。七草粥の日としては知られていますが、「人日の節句」という言葉はあまり馴染みがないかもですね。

古代中国では正月一日に鷄、二日に狗(犬)、三日に羊、四日に猪、五日に牛、六日に馬、そして七日に人を占っていたそうです。そのことから七日を人日と呼び、七種類の羹(あつもの)を食し、無病息災・招福を祈る風習として現代に伝わっているそうです。

{A2350097-4A68-4E01-BE80-F912B98B92A8}


セリ→香りが爽やかな水辺の山菜
ナズナ→ペンペン草の事
ゴギョウ→母子草。風邪予防。
ハコベラ→目に良いビタミンAが豊富
ホトケノザ→タンポポに似た花。
スズナ→カブ。ビタミン豊富。美肌効果。
スズシロ→大根。消化を助け風邪予防も。


{7A011AAA-C9C5-40F5-AB69-6ACEB1EF757B}



スーパーに「七草粥セット」なるものを買いに行きましたが、小学生の娘さんとお母さんが同じ売り場にいらして「七草粥食べたい?」とお母様が簡単に説明。お子様が「食べたい。ママ作ってね〜」と会話されていたのが微笑ましかったです。


「おせち料理」もそうですが、親から子供へと伝える日本の風習、大切にしていきたいな、と思いました




磯部作喜子(saki)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス