「人生フルーツ」 | 「港区田町と名古屋で人気の季節のおもてなし、和のおもてなし料理とテーブルコーディネートの教室 ル・サロン・ブラン」
2018年01月03日

「人生フルーツ」

テーマ:映画
{9CB7F5FE-BF35-4BDA-9AC2-0CDCD2A709FE}

―ながく生きるほど、人生はより美しくなるー

「人生フルーツ」は
90歳の建築家、津端修一さんと、87歳の妻の英子さん、ふたりの暮らしを追った“人生のものがたり”
2017年1月に映画公開後、じわじわと入場者数を伸ばし続け、ドキュメンタリー映画としては異例の延べ22万人を動員しているそうです。(現在も上映中)

一年遅れでしたが、元旦早々、東海テレビで
偶然観ることができ、感動で涙涙でした😭😭

「食は命」と妻の英子さんは、畑で収穫した作物を使って、夫のために自慢の手料理を丁寧に作る日々を送ります。

100種類もの野菜や果物を畑で作ることはできないけれど、誰かのために一生懸命料理やお菓子を作るその姿の美しさやひたむきさに心打たれました。


古くなった障子の紙を剥がして張り替えたり、と現代なら誰かに頼んでしまう作業も夫婦二人でやってしまいます。
「一つ一つ時間をかけてやることに意義がある」と。
何でも早くやったり、すぐに結果を求めてしまう今の私達の生活や食生活。
ハッとさせられるものがありました。


建築家のご主人は先に天寿を全うするのですが、その後も「もっと良いものを食べさせてあげればよかった」と。
お肉やお魚も信頼できる人から選りすぐりのものしか買っていないような素晴らしい食生活なのに。。
食べ物に対する追及心は学ばなくてはと思いました。


二人の生活なのに、いつもさりげなく、綺麗に洗濯されたテーブルクロスを敷いていたり、と本当に可愛らしいおばあちゃん。
私もあんな風に年を重ねたいなあと思いました。
新年早々心洗われるドキュメンタリー映画でした。


樹木希林さんのナビゲートも
納得の言葉が沢山ありました。


上手く伝えられませんが、人間とは?
夫婦とは?食とは?老いるとは?
考えさせられることがいっぱいある映画でした
機会があれば是非観てみてくださいねおねがい

人生フルーツ

http://www1.tokai-tv.com/whatsnew/detail/42431

  
https://m.facebook.com/tokaidoc.movie/videos/550941951760965/


http://social-trend.jp/32460/



磯部作喜子(saki)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス