二軸動作の軸はどこだ? | タニノ・クリスチの靴研究日誌(仮)

タニノ・クリスチの靴研究日誌(仮)

でも今は靴以外のテーマの記事が中心に・・・


テーマ:

あまり関係なさそうに思っていた腕立て伏せや腹筋のトレーニングが足のアーチを改善するのに意外と効果的であることがわかってきました たぶん全身を使って姿勢を整えることによって足の負担を軽減するということでしょう 極端な運動不足で1回もできなかったのが20回ぐらいはできるようになって来ましたあせる


いろいろとやっているうちにタニノクリスチーは二軸動作と関係ありそうだと思いました 二軸動作についてはこちら リンクがわかりやすいかな 言葉としてはなんとなくいいカンジの響きなんですけどほんとのこと言うと意味はよくわかりませんショック!


●左右の太腿を交互に軸とする

●背骨をねじらない

これがポイントですが実感がわかないのでできているかどうかわかりません

タニノクリスチー研究日誌-ziku
太腿というよりも肩甲骨から仙骨を通って足の裏に抜ける線があるような気がします


上の図では横から見たときの軸が傾いてしまいます 横から見た形はこのような状態がよさそうです
タニノクリスチー研究日誌-ziku-2

これが正しい骨盤の角度ですかね!?


別にケチつけたい訳じゃないですけどこんな考え方が一般的のようなのでちょっと違うかなとも思いますえっ
タニノクリスチー研究日誌-sisei
確かによいのでしょうが現実的にはこのような配列にはならないと思います


この問題については別ブログで 研究続行中です


私の研究もでたらめばっかり書いてるので人のこと言ってる場合じゃないですねしょぼん


方針を変更して研究所ブログ に新しい記事を書いています


mituruさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス