gsのスコアが伸びない人

{E7F0BB60-9C74-4462-BB92-99FAD1F8800B}


そんな人は是非ともハードスタイルを行なってほしいです。ハードスタイルは体の地力をつくります、とは言いつつもそれ以上に自分の体の弱点を見出すのに非常に役立ちます。その弱点を少なくする事が地力の底上げです。

スコアが伸びなくなったら重量を少し落として的確なフォームで行う事が当たり前ですが重要です。
素材が育っていれば削った時に、できる塊は大きいですが育っていなかった場合、塊が無く薄くて割れてしまいます。そうなるとまたやり直しです。

ぜひハードスタイルで内観の力も高めたいものです。

後藤俊一
AD

ケトルベルだよ!全員集合

テーマ:
昨日のお話
{7837EF92-643A-4C39-B1D7-3BF18CD435EB}


こちらはシンガポールから訪ねて下さったサミュエルさん。
2016年ジャパンチャンピオンシップでお友達になり、チョコチョコメールのやりとりをしていましたがついに来日となり遠路はるばるいらして下さいました。

トレーニングは言語を越える。という事で英語はチンプンカンプンですがとりあえずセッションスタート。

観ていくと素晴らしい体の持ち主だということがわかります。以前はわかりませんでしたが、筋肉は遥かに僕より付いているし柔軟性も文句ありません。

あとはテクニック。でもテクニックもあるんだよな〜〜、ウマッ!って感じで。

ただ1つ手首の角度が気になります。ケトルベルスポーツにおいては手首の角度が非常に重要です。ロングサイクルを行うと前腕が消耗してしまうそう。手首さえ抜ければ道理で前腕の緊張もかなり抑える事ができます。

ロングサイクルには何が必要なのか?私に勧められる種目は何か?と聞かれたけど、僕はスナッチを勧めました。よーく、大会のビデオを見てるとスナッチのトップとジャークのトップの形が違う選手がいます。こうゆう選手はおそらく手首の使い方を自分で心地いい場所に研究したんだと思います。スナッチはその研究に最適です。僕はケトルベルスポーツを初めてから3カ月でチュメニの世界大会に行きました。その時のスコアは
{819669F0-7F00-43B1-A513-F7111E36357A}

173でした。これはRKC受験の為にスナッチをやりまくったお釣りだと思っています。RKC用のハンドルは太いです。そして僕は手が小さいので、上手くやらないと全然できませんでした。最初24kgのスナッチは10回が限界で、手の皮もあっという間にペロペロになったのを思い出しました。雨の中手が血だらけで練習したのも良い思い出です。

さぁ、土曜日はケトルベルセミナーだ!世界大会までもう少し!

友トレーニングルーム
後藤俊一
AD

10月になったし

テーマ:
 残すところ今年もあと3ヶ月か。どんな2017年にするか、ここからが勝負どころ。
{9D7368AD-463A-42C3-9CF7-CD74430AF779}

これはウチのオブジェ、マルスさん。マルスさんはギリシャ神話の戦いの神。アレスって言われてたりもします。ドラクエの漫画の主人公の名前でも使われたりと頻出の名前ですね!

 勝負どころに必要なのは何か?マルスのような分厚い胸ではありません。自然体でいる事だと思う。それが1番難しいんだけど・・。
 いらして下さる方はみなさんは、自分の体の弱点、硬かったり、弱かったりする場所に対してアプローチをして下さっています。それはストレッチだったり簡単な補強運動だったりするんですが、それがとっても大切!!
 闇雲に進めない事、それが勝負どころでは重要な要素になります。

 忘年会もぼちぼち入ってくるころだと思います。ここらでいっちょお腹周りをマルスのように引き締めていきましょう!!

YOUトレーニングルーム
後藤俊一
AD