猫と一緒に暮したいご高齢者様募集 | さくらの里山科公式ブログ ご入居者様とワンちゃん、猫ちゃん

さくらの里山科公式ブログ ご入居者様とワンちゃん、猫ちゃん

全国初!全国唯一!ペットと一緒に入居できる特別養護老人ホーム
ホームで暮らすワンちゃん、猫ちゃんの日々を綴ってます
ホームのイベント、お食事、ご入居者様の生活や介護もご紹介します
住所 横須賀市太田和5-86-1
電話 046-857-6333


テーマ:

先日もアップしたことですが、猫ユニット(2-3ユニットと2-4ユニット)で空室があります。

 

アップした後も、ご逝去されたかたがあり、さらに空室が増えています。

 

※要介護度3以上で入居される特養は、重度の状態のご入居者様が多く、ご逝去される方も多い状況です。さくらの里山科では、特別養護老人ホームの定員100名に対し、年間30名前後のご入居者様がご逝去されます。

 

現在、新しい猫ちゃんを受け入れられるキャパシティがないため、愛猫との同伴入居はできないので、今猫は飼っていないけれど、猫ちゃんと一緒に暮したいというご高齢者様を募集しております。

 

ただし、制度上、要介護度3以上の認定が必要です。

 

 

猫が自由に過ごしている空間で、猫と一緒に暮したいというご高齢者様は、実は意外と少ないのです。

 

これは文化の違いだと思います。

 

特養に入るご高齢者様は80歳代、90歳代が主流です。

 

この年代の方は、現在のペットブームが始まる前の時代に長く生きてきた方です。

 

だから猫好き(犬好き)であっても、ご自分のお部屋やベッドや布団に猫ちゃん達が自由に出入りするような暮らしを好まない場合が多いんです。

 

そのため、猫ユニット、犬ユニットを希望されるご高齢者様は決して多くはないのが実情です。

 

それでも普段は、猫ユニットのお部屋が長期間開くことはないのですが、今回は猫ユニットでご逝去される方がたまたま重なってしまったので、空きがある状態です。

 

もし本ブログをお読みの方で、身近なところに、大の猫好きで、要介護度3以上のご高齢者様がいらっしゃったら、ぜひお声をかけて頂けると嬉しいです。

 

うちの施設の入居申し込み書等は、ホームページからダウンロードできます。

 

よろしくお願いいたします。

http://sakura2000.jp/

 

 

sakuranosato-yamashinaさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります