さくらの里山科公式ブログ ご入居者様とワンちゃん、猫ちゃん

全国初!全国唯一!ペットと一緒に入居できる特別養護老人ホーム
ホームで暮らすワンちゃん、猫ちゃんの日々を綴ってます
ホームのイベント、お食事、ご入居者様の生活や介護もご紹介します
住所 横須賀市太田和5-86-1
電話 046-857-6333


テーマ:

本日は地元の武山地区の福祉バザールに模擬店を出してきました。

 

自慢のご馳走スイトン、200杯が完売しました!

 

ありがとうございました!

 

 

私達さくらの里山科がある横須賀市の太田和は、武山地区という行政管区に属します。

 

その武山地区の社会福祉協議会が主催する武山福祉バザール

 

地域の特別養護老人ホーム、グループホーム、障がい者施設、福祉や児童に関わる市民団体、町内会、老人会等が集まる催しです。

 

 

福祉と名がついても決して堅苦しいものではなく、学園祭みたいなのりです。

 

福祉関係の施設や市民団体等が、模擬店やバザーを出すイベントですから、学園祭と同じ雰囲気になるのも当たり前ですよね。

 

だから1,000人以上のお客様がいらっしゃるんですよ!

 

 

こちらが、私達さくらの里山科の模擬店です。

 

うちは毎年「ご馳走スイトン」を1杯100円で売っています。

 

 

このご馳走スイトン、本当に美味しいんですよ。

 

もちろん、ホームのお食事にもお出ししますが、ご入居者様に大好評。

 

最も人気があるメニューの一つなんです。

 

 

味の秘密の一つは、この特製スープです。

 

生きくらげ、ニンジン、ゴボウ、里芋、豚肉など、たくさんの具材が入っています。

 

しかも出汁が最高なんですよ。

 

普段の厨房の調理業務で、治部煮など鶏肉を煮込む料理で出た汁を冷凍してとっておき、それを時間をかけて煮込んでダシをとるんです。

 

だから、とっても濃厚なのにさっぱりした、最高のスープに仕上がっているんですよ。

 

 

もう一つの秘密は、このスイトン団子です。

 

質のいい小麦粉を溶いて、そこにダシと豆乳を加えています。

 

だからとっても美味しい団子に仕上がっているんですよ。

 

もちろん、小麦粉を練った団子をいきなりスープにいれたりせず、こうしてお団子は別に煮込んでいます。

 

そして器にスープとお団子を入れているので、スープがべとべとににごったりしなんです。

 

 

いかがですか?

 

ここまでご説明すると、美味しそうに感じてきたでしょう。

 

実際にとっても美味しいんです。

 

 

実は、横須賀は今日、夏日になっており、屋外だと汗ばむ陽気でした。

 

実際に、模擬店の前で呼び込みをしていた施設長など、禿げ頭が真っ赤に焼き上がっています。

 

そんなに暑いと、熱い汁物は売れません。

 

それにも拘わらず200杯以上用意したスイトンが完売でした。

 

いかにうちのご馳走スイトンが美味しいかわかるでしょー!!

 

召し上がったお客様も口々に美味しいとおっしゃって下さいました。

 

「毎年これを食べるのが楽しみなのよ」とおっしゃって下さる方も大勢いらっしゃいました。

 

ありがとうございます。

 

実は、このご馳走スイトンは、職員がご入居者様のことを思いやる気持ちから生まれた物です。

 

8月15日の終戦記念日に、戦中の暮らしを偲んでスイトンをお出しするのがうちの法人の伝統でした。

 

でも、いくら大切な意味があるとはいえ、美味しくないスイトンをご入居者様にお出しするのはどうなんだろうと職員達が疑問を感じたんです。

 

そこで、どうせお出しするなら、美味しいスイトンを造ろうじゃないか、ということで生まれたのがこのご馳走スイトンです。

 

職員がご入居者様のことを考えて作ったご馳走スイトンだから、とっても美味しいんですよ。

 

皆さんも来年はぜひ武山福祉バザールにいらして、ご馳走スイトンを味わってみませんか。

 

あ、その前に、4月にうちのホームで開催する感謝祭でもお出ししていますが。

 

よろしければ、まず春の感謝祭にどうぞ。

 

そして、本日いらして下さった皆様、ありがとうございました!

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

sakuranosato-yamashinaさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります