君に歌い伝えたいこと | 妄想キャリブレーション 桜野羽咲オフィシャルブログ「羽咲の日常のようなもの」Powered by Ameba

妄想キャリブレーション 桜野羽咲オフィシャルブログ「羽咲の日常のようなもの」Powered by Ameba

妄想キャリブレーション 桜野羽咲オフィシャルブログ「羽咲の日常のようなもの」Powered by Ameba


テーマ:















先日、妄想キャリブレーション 活動終了のお知らせをさせていただきました。

私たちはそれぞれこの先の夢をみて
次のステップに進むため
大好きな妄想キャリブレーションとしての活動を終了します。




数え切れないほど悔しい思いをして数え切れないほど妄キャリとしてみた夢を叶えさせていただきました。


メンバーと切磋琢磨し、手を取り合った
宝物の日々は間違いなく青春で、そして間違いなく私の人生の財産です。





これからも歌の道に突き進み
何かあるたびに私を突き動かすのも妄キャリとして活動した日々なんだと確信しています。

それくらいたくさんの経験をさせていただき、たくさんのことを学ばせていただきました。
ソニーさんと一緒に音楽を作らせていただくようになってからは、より自分たちの考えるモノをカタチにできた気がしています。

同じ目線で、同じ熱量で、一緒にお仕事ができるメンバー、スタッフさんがいてくれること
本当に幸せに思います。




この山を登りきったらそこからは何が見えてくるのか
わくわくしながら どきどきしながら

でも、今はまだどこまで登って来たかなんて 振り返らず
終わりの日は決まってしまったけど、まだまだ満足せず 最後までがむしゃらに走り抜けたいと思います。それが私たちらしいよね。


どうしても歌をうたう人生にしたくて、歌手になりたくてディアステージに飛び込み まだ何者にもなることができない桜野羽咲を作ってくれたのが、妄想キャリブレーションでした。


歌手になりたかった自分が 妄キャリに加入するときに、自分の中で決めていたことがあります。何度か言ったことがあるから知ってる方もいるかもしれません。


絶対に途中で妄キャリを投げ出さない。妄キャリとして自分の思う 最高のところまでいく。それが出来てから 次のステップに 歌手としての夢に一直線に飛び込む。って。


なのできっと、いや絶対。
2/23が妄想キャリブレーションとして最高の日、
最高のところまでいく日。

妄想キャリブレーションとして歌う、最後のその瞬間まで どうか 聴き逃さず最後まで愛してくれたら 
この5年間 これ以上に嬉しいことはありません。






その後の桜野羽咲も、これまでと変わりなく、ブレずに
夢に向かって歌い続けます。
歌をうたうことは人生そのもの。
自分の言葉で自分の心で歌を届けて
喜びも絶望でさえ歌にして
私の生きていくためだった夢は

まだまだ あなたの夢になる

歌手になる。アニメソングを歌う。
叶えるために もがいてきたんだ
これからもそれは 変わらない。




どのシーンを切り取っても
妄想キャリブレーションとして
歌をうたって来れたのはステージに立っていられたのは 応援してくださるみんなのおかげだったんだと心から思います。
妄想キャリブレーションの桜野羽咲を愛してくれて、受け入れてくれて、会いにきてくれて、求めてくれて本当に本当にありがとう。感謝しています。
みんなからの大きな大きな愛に触れて、自分自身のためだけじゃなく、みんなのために歌うことができるようになったと思うの。
そんなみんなに 届けたい。届けさせて。


2/23 Zepp DiverCity公演
最後。一緒に妄想キャリブレーションとして生きた証を残させて。
ぜひお待ちしています。




この5年 人とうまく接することができなかった自分がこんなにも心が許せる仲間ができて
こんなにも泣くほど笑う日々を送れて、
生きててよかった歌がうたいたい自分でよかったってこのメンバーでよかったって思うの、羽咲は幸せ者なんだね。大好きという言葉ではきっと表しきれない。






2/23までの残りの日々もどうか健康で笑顔の絶えない日々をこの大好きなメンバーと、そして愛に溢れているファンのみんなと過ごせますように。





羽咲の歌う未来は明るいんだよ。















2018/10/08  桜野羽咲










妄想キャリブレーション 桜野羽咲さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース