月組「クルンテープ」感想 | 浮世鏡

浮世鏡

趣味のブログです。
ほぼ、宝塚歌劇の独り言。御贔屓は壮一帆さん、月城かなとさん。
たま~に、伝統邦楽、日本史も。

さて月組観劇感想の最後は「クルンテープ」(まだ書いとるんかい💦💦)。
流石に・・・さくっと簡単に。

タイがテーマの珍しい?ショーでした。
お衣装、音楽、振り付け・・・すべてタイ風味(笑)。
「仏」がジャジャーンと登場し、一蓮托生、輪廻転生と歌うあたり・・・タイというより「仏教だ〜」と思ったのはワタクシだけでしょうか・・・(^_^;)。

中盤は何故かラテン調だしShall we dance?だし・・・ま、そこらはあまり突っ込まないでおこう。

藤井大介先生の割に・・・おとなしめというか、マイルドな味付けだったように思います。
あまり尖ったところのないショーでした。
世界観がやっぱり仏教的だなぁと感じる部分があって「穏やかな癒し」でしたね。

冒頭は、おぼーさんズから。
こぼーず蘭世恵翔くんのソロダンス、可愛かったですね。まだまだ少年だなぁ。(あのチンピラはどこへ😁)。

オープニングは「タイ!」な雰囲気満点。
月城かなと「〜淫らに🎵」ですって😍。エロっぽいれいこ様でした。
伝説の王=珠城りょう、はコスプレ感が半端ない(←褒め言葉)。身体がしっかりしてるので、実に見栄えがするのですよね。
たまさくの結婚式も(笑)。
お芝居で結ばれなかった分をここで、ってこと?(笑)。
この場面のお衣装がとても綺麗。あのぅ、これ使ってお芝居作ってみませんか・・・(爆)。

続いて、月城かなとvs暁千星のムエタイ対決。かっこ良くて面白い!。
見処満載でした。
れいこちゃん、すっかりヘタレキャラが定着したなぁ(笑)。
この場面のカラーを決定的にしていたのは・・・月城かなとでした。とにかく可笑しい、可愛い、ほほえましい。単なるコミカルさ以上のものがありましたよ。
ありちゃんもカッコいいし、身体能力の高さを見せつけてくれました。
結愛かれんちゃんとのイチャイチャぶりが凄くて(笑)。
天紫珠李ちゃんがしっかり者の恋人役❤。れいこちゃんを懸命に励ましてました。
ここ、実はトレーナー?の白雪さち花&夏月都のお二人が凄いことになってて・・・選手より熱かったりして😁。(都さんはれいこに気合いパンチ入れてるし、さち花さんは跳び蹴り炸裂❗💪)

そして風間柚乃のゴンドラ船頭の歌を聞きながらのベニス、じゃなかった、水上マーケット。夏風李々ちゃんがきゃわゆい。のんびりしてていい場面でした。こーゆー息抜き場面って大事ですよね。

そして・・・一番のハイライト「一蓮托生」の場面。幻想的で妖しいアラビアーンな雰囲気。
ぴったり息のあった珠城りょう&美弥るりかのダンス。唯一無二の関係を強く感じました。
まるで双子。誰にも邪魔されない「絆」そのものでした。二人ともに倒れていくラスト・・・言葉に表せないものがありましたね。
歌も三人凄かった。きよら羽龍ちゃん、恐るべし。研2だよね。声量もたっぷり、堂々としていました。いつかエトワールで聴きたいわぁ。

続いて、美園さくら嬢のアイドル・プロモーション場面(笑)。
良く踊り良く歌い・・・凄いわ(@_@)。ミニスカで思いっきり足あげ・・・チラリズムよりもろ見え・・・エロチックでございました。(どこ見てる?!😅😅😅)。
お共は月組イケメンズ。それぞれにセックス・アピールびんびん❤❤❤。
彩音星凪くんのいやらしい流し目が凄かった・・・(花組っぽい)。

そして、輝月ゆうま氏のニューハーフショー(笑)。一体まゆぽんの声帯はどーなっているのだ!!??。
低音から高音まで自由自在。まるで北翔海莉さまの再来でした。
ダンサーズがイケメンズの面々(笑)。やっぱ足長い❤❤❤。美脚にうっとり(←すっかりオヤジ目線💦💦)。ハイレグ衣装も刺激満点😍。

まゆぽんのつけまつげは日替わり。 ピンク、ブルー、ゴールド・・・羽みたいに長い時もあった。((←これ見るの、密かな楽しみでした)

そして、ゴンドラにのったたま様が登場し、サンバを思わせる衣装で中詰へ。タンゴ調のShall we dance?はなかなか新鮮でした。(確かにタンゴ=ダンスだから合ってる)
全員フルーツ、とのことでしたが・・フルーツらしさは・・・?(^_^;)。
真っ赤なお衣装のたまさくデュエット、情熱的でした。

そして、ラーチャブルックの男役群舞。真っ赤なスーツとソフト帽?とのアンバランスさが面白かった。
最後のたま様パサァは意表をついてましたね。あれは女性?、それとも・・・?。(タイですからねー)

そして、ライキンドクーン。
男1・3・4・娘1が絡む場面。三角じゃなくて四角関係!。
銀橋の月城かなと、大人の男の色気が滲み出ていました。「月が眠るまで〜🎵」の歌が懐の深い色気を漂わせててクラクラ❤。
まー、女遊びの激しそうな(笑)、悪っぽい男でしたね。ちょっと強引にさくら嬢を回すあたり、ぐらっと来たわ❤。男臭いけど、品があるよのね。
さくらちゃんも満更でもなさそう。いいとこのお嬢ちゃんが、火遊びして遊び人(れいこ☆)にひっかかっちゃった感じ。遊んでいるつもりが遊ばれてる。
そして、彼女は真の出会いを果たしてしまった、たま様と・・・。でも彼にはありちゃんがいた(笑)。
ありちゃんの美脚全開(#^.^#)。
ダンスもシャープで綺麗でかっこいい良かった。
ポールダンスの男役さんも、月組イケメンズ勢揃いで、この場面、一番目が足らなかったなぁ。

そして撃たれたたま様の復活をおもわせるような展開に。
美弥るりかのソロ、退団者のダンスで始まる場面は荘厳でした。輪廻転生ねえ・・・まさか宝塚のショーでこの単語を聞くとは。
ここで、たま様は「エメラルド仏」として復活。オープニングの古代王にも被って見えました。
まさに祈りのダンスでした。

そして蘭尚樹ソロダンスから始まるロケットへ。
なおき君の脚上げが凄い!。180度以上上がってる✨。(ちょっと夢乃聖夏を思い出した)。ジャンプ?も滞空時間が長くて、ソロダンスとして物凄く見応えがありました!。
振り付けはタイっぽいポーズが随所に。お揃いの塔型の髪飾りが並ぶと、まるで寺院にいるような錯覚に(笑)。

そして・・・美弥るりかのソロ。ここの歌詞で泣いた。一番星流れたって・・・愛はここにあるって・・・(涙)。
みやちゃんの為の歌で、この場面は美弥るりか=トップスター仕様でした。
シンプルな黒燕尾の美弥るりかは最高に美しかった。毅然としていて余計な飾りのない、男役の美。
内面の美ですね。
あの学年にならないと出せないものがあったと思います。

男役の黒燕尾。
厳粛でした。ターバンと腕捲りで崩してはいるんだけど、踊りそのものの質感は端正で厳粛。黒燕尾としてオーソドックスの類かな。
見ているこちらも襟を正したくなる、正統派黒燕尾でした。

珠城りょう&美園さくらのデュエットダンス。
完璧メルヘンですがな〜🎵❤。
もう〜(#^.^#)、さくら嬢のあの恥じらうような振りってなに?😍。ああっ❤と倒れこむ振りって・・・やばくないか?あれ💘。
たま様の大階段おいで!といい、それに続く手話みたいなやりとりといい・・・。いやん、初々しくって、こそばゆいわん。
はぁ😍、ご馳走さまでございました❤❤❤。

ラブラブというより、王子様が迎えに来てくれた❤お姫様の喜び✨✨✨が感じられて、それに我々観客が自分を重ねてしまうのよ。
おばちゃん(=私)もね、とぉーい昔の事を思い出して、甘酢っぱーい気持ちになり、結果たま様がとてつもなく頼もしくかっこ良く見えてくる・・・という月組沼の悪循環(笑)にはまりこむデュエットダンスでございました。
(振り付けとして素晴らしいと思いました)

書きなぐりました💦💦💦。場面の順番違ってたらゴメンナサイ。
れいこ回復祈願御百度blog、今日も無事(無理矢理)アッさせてもらいます。