ちぎ剣心、再び | 浮世鏡

浮世鏡

趣味のブログです。
ほぼ、宝塚歌劇の独り言。御贔屓は壮一帆さん、月城かなとさん。
たま~に、伝統邦楽、日本史も。


テーマ:

書ける時に、書いとけ・・・ということで連投します。

夕方Twitterを覗いて、びっくり仰天。
早霧せいな=緋村剣心?!?!。

終わった公演ですがな・・・何を今さら〜と思ったら。。。

外の世界(笑)の「るろうに剣心」でした。
はい、男性が男性を演じる普通の舞台。しかも、小池修一郎先生の演出!。

だから、ちぎちゃん再登板なのかー。
剣心=早霧せいな、以外は考えられなかったのね。

新演出、とありますが「加納惣三郎」がキャストにあるので・・・うーん、基本的には宝塚歌劇団での脚本をベースにするのでしょうか。。。
四乃森蒼紫も登場するみたいだしねぇ。

原作者さんの不祥事があったので、当分お蔵入り(^_^;)かと思っていました。
堂々と出してくるってことは、もう「解禁」なのかな?。
となると・・・スカステでの放映にも期待が持てますね。
本公演は勿論ですが、なんといっても!永久輝せあ主演の新人公演が見たいですわ〜〜〜☆☆☆。

↑放映日も決まっていたのに直前で差し替えだったものねぇ。
・・・まるで、ヨダレ垂らして待っていたおやつを突然取り上げられたワンコの気分でしたよ(^_^;)。

話がそれましたが・・・
外の舞台での「男の役」、宝塚とは違ったハードルの高さがあるはず。
なんといっても真性の男子(笑)とは身体能力が違う、と思います。
ダンスのキレ、ジャンプの高さがね・・・ゴニョゴニョ。

いやいや、ダンスよりも「殺陣」でのスピード、力強さが・・・どうなりますか。。。

声、もね。。。
多分ミュージカル。ちぎちゃんの歌声は、高めだし、女声だからなぁ。

タカラヅカのちぎ剣心は、滅多にない位のはまり役&当たり役だと思ってますが、
本物の男性と混ざった時に、どう見えるのかなぁ・・・期待と不安と両方ごちゃ混ぜな気持ちです。

あ、今までも壮一帆さまが「男役を演じた」舞台をいくつか見てますが・・・本物の男性よりも美しくてかっこ良かった!。
でも、それは「非現実的な異次元の魅力=美」だから。

リアルな男子の魅力とは異なるものです。(それ故の魅力なのです。)

今回の舞台では、イケコ先生が剣心像に“そういうもの”を求めているのかなー。
でも・・・おそらく、早霧せいな自身も、宝塚と同じというわけにはいかないのでは?。

ともあれ、ちぎちゃんは勇気ある決断をしたなぁ、と思います。
観に行けるかどうか、わからないけど・・・。
(月組エリザベートと公演期間が被るから(>_<))
あー、気になるからやっぱり観に行っちゃうかも💦💦💦。
 

桜小町さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス