大きな災害が起こるたびに、障害のある人や介護が必要な人など「災害時要援護者」の避難が難しく、災害の犠牲になったりその後の避難生活での健康被害が起こってしまいがちです。

東日本大震災で多くの自治体が災害対策を見直したのに、やはり熊本地震の時にも、災害時要援護者の二次的避難場所である福祉避難所がうまく機能しなかったという問題がありました。

私は東日本大震災以降、福祉避難所の改善を求めてきましたが、熊本地震の状況を見て、このままでは東京に大きな災害が起きてもやはりまだ、災害時要援護者への対応に課題が出るのではないかという危惧を持ちました。

ひとまず、すぐにでも取り組んでいかれることとしては、第一義的な避難場所である避難拠点(小中学校)に障害のある人も安心して避難していただく体制を作ることであると改めて考えました。福祉避難所は二次的な避難場所であるため、まずは一般の避難所に来ていただかないと、つながらないからです。しかし、大きな災害が起こるたびに、障害のある人が一般の避難所への避難をためらってしまうということがあるのです。

 

今回は、一般の避難所での要援護者の受け入れ態勢の充実という観点で質問をしました。

----------

(かとうぎ桜子)

災害時の避難拠点における要援護者対応について伺います。
災害が起こり、避難拠点を開設した際には、避難して来られる障害のある方、ご高齢の方、妊産婦など、配慮の必要な災害時要援護者への対応が求められます。しかし、具体的にどんな配慮をするべきなのかは、その人の持つ障害の特性など、状況によって様々です。
練馬区は、避難拠点運営の手引きで、様々な障害の特性と必要な配慮について記載したり、各拠点の作るチェックリストで要援護者のための居室を作ることを求めたり、防災カレッジの講座の中で高齢者体験・車いす体験をするなど要援護者に求められる配慮を学ぶ機会を設けています。しかし、特に精神障害、知的障害、発達障害などを持つ人のことは、普段の生活の中で交流する機会がないと気づかない場合があります。避難してきて困っているその人のことに周囲が気づかなければ、配慮をすることもできません。
そこで、避難拠点に関わる人が学ぶことのできる機会の充実を求めます。例えば福祉関係部署との連携の中で、精神障害や知的障害のある当事者と一緒に震災訓練をすることで、コミュニケーションにどんな特性があるのか気づく機会になるのではないかと思います。当事者と協力しての実践的な研修・訓練を充実させることを提案しますが、区の考えをお聞きします。
また、避難拠点と近隣の福祉避難所予定施設が連携して訓練することを通じ、実際に災害が起こったときに避難拠点で孤立してしまう障害者がいないか、避難拠点のみの対応ではなく福祉の専門職との連携で確認できる体制づくりもすべきと考えますが、区の方針をお聞きします。

 

(危機管理室長)

私から、災害時の避難拠点における要援護者対応についてお答えします。

平成15年度から聴覚障害者団体と連携した訓練を実施しているほか、知的障害者の方も参加した訓練を検討している避難拠点もあります。今後、課題を整理し、他の拠点へ情報共有を行うなど、活動が広がるよう努めてまいります。また、防災カレッジにおいても、区民防災組織の体験学習の中で、要援護者対応について充実してまいります。

 

次に、避難拠点と福祉避難所の連携についてです。

現在、福祉避難所に指定されている施設の職員が、避難拠点運営連絡会に加わり、拠点の会議や訓練に参加する取組が始まっています。また、避難拠点と福祉避難所が連携した訓練を計画している拠点もあります。今後、このような取組が広がるよう努めて参ります。

-------

答弁では、様々な取り組みが始まりつつあるということですが、具体的にはどういうものがあるのか、続きはまた機会を見つけて質問できたらと思っています。