(かとうぎ桜子)
高齢者福祉施設等助成費について伺います。
今回の介護保険の改正の中で、在宅生活の充実であるとか、医療との連携というところがかなり重点的に言われているかと思います。
ただ、訪問看護とか訪問介護を充実させるというだけではなくて、ショートステイであるとか、いざというときに入院、入所ができるところなど、さまざまな点で支えていく体制が必要であると思います。なかなか今、医療的なニーズを持っていらっしゃる高齢者の対応というのが厳しい状況にあるのではないかと思いますけれども、現状をまずお聞かせください。

(高齢社会対策課長) 
ご指摘のとおりで、医療行為の内容によりましては、特に特別養護老人ホーム、ショートステイ等の入所者への対応が施設ごとになかなか違うという状況については理解しているところです。
例えば、誤嚥性肺炎(注※ 食べ物、飲み物、あるいは唾液などが食道ではなく気管を通って肺に入ることを誤嚥という。それを咳などで排出できずに細菌が肺に残ってしまい、肺炎を起こすことを誤嚥性肺炎という。)を起こしてしまって入院された方が、胃ろう(注※ 胃から外部に向けて管を通し、経管で栄養をとるもの)造設という形になりまして、その後、結局、特別養護老人ホームに戻れない。もしくはショートステイを利用できない。そのような状況があるということは、苦情もいただいているところもありますので、理解をしているところです。

(かとうぎ桜子) 
利用者の立場からしても、なかなか受け入れてもらえないという現実もあると思いますし、また施設側の対応の課題、また医療での受け入れの課題などもあると思いますので、ぜひ整理していただいて、医療的なケアが必要な高齢者を支える仕組みを事業者とも一緒に検討の場をつくって考えて課題解決に努めていただきたいと思います。

----------
質問時間切れで短い質問になってしまいました。以下、補足をします。

今回の介護保険改正で、医療との連携、在宅の充実がかなり言われています。診療報酬の改定も同時に行われるため、入院期間は短くして、その代わり在宅医療、看護、介護を充実させるしくみづくりをするということです。

介護保険では、24時間、必要なときにヘルパーが行き、看護とも連携するという事業が新しく始まります。
理想としては、「施設にいるときと同じように必要なときに介護を受けることができれば、おうちで暮らせる人も増えるだろう」ということなのですが、しかし現実的には、ヘルパーが何度通ったとしても介護報酬は月額で定められているため、いくらでも望まれる限りヘルパーが行くことができるというわけではないだろうと思います。(報酬を超えるほどサービス提供したら事業所が赤字になってしまいますから。)

だから、どれだけ理想が実現できるようになるかは、まだまだ分からないところです。

あわせて、医療ケアの必要な人が今まで以上に地域で暮らす可能性が高まるとすれば、そのバックアップ体制も必要になります。
おうちで暮らしていれば、いくらヘルパーや看護師が来るといっても、家族の負担は重くなります。

休息をとるためにショートステイを利用する必要がありますが、医療ケアが必要な人(たとえば経管栄養、人工呼吸器、床ずれの医療的な処置など)の場合に、福祉施設で受け入れるのが難しい場合があります。
介護スタッフが医療的なケアをするのが難しい場合が多いからです。

まずは福祉施設の抱える課題、医療機関でどこまで受け入れができているのか、という現状を把握し、課題解決を進める必要があります。