所長の伊藤です。

 

本日、佐倉市民花火大会が無事に執り行われました。

郊外の広大な沼ならではの迫力ある花火を今年も見ることができました。

あ、元化学者の私は、花火を見ると金属元素の炎色反応を思い出してしまいます。

赤はストロンチウムとリチウム、紫はカリウム、などなど(無粋ですけど)。

高校の化学でやりましたよね、「リヤカーなきK村…」なんて覚え方をした人もいるのではないでしょうか。

 

 

さて、今日のテーマは「創作とはなにか、オリジナルとはなにか」について、そのとば口に触れます。

 

TBS系「プレバト!!」(木曜19:00~)という番組をご覧になったことはありますでしょうか。

これは、ある一つのテーマについて芸能人が腕を競い、その出来をランク付けするという番組です。

テーマは多岐にわたり、俳句、水彩画、料理の盛り付け、生け花、などなど。

(編物がテーマのときもありました! そのときの査定人は広瀬光治先生でした)

特に俳句は、査定人の夏井いつき先生の歯に衣着せぬ物言いが痛快で、毎週放送される人気コーナーになっています。

 

ところが、この俳句の査定でちょっとした物議がありました。

ネットニュースでも話題になりましたが、出演者の一人(Hさん)が盗作をしたのではないかということがあったのです。

ある日の放送で、Hさんはある独創的な句を詠んで、査定に合格し、1ランク昇格しました。

しかし、その句とわずか1語違いの句が、過去に地方の新聞に載ったことがあったことがわかりました。

ネットでは、瞬く間に「盗作ではないか?」とのうわさが広がり、本人が釈明をする事態になりました。

Hさんの言い分は、「類似句がすでに存在していたことを知って非常に驚いた。しかし、信じてもらえないかもしれないが、盗作では断じてない」ということでした。

 

8月2日の放送で、改めてこの盗作疑惑のことが取り上げられました。

査定人の夏井先生の見解は、次のようでした。

 

・たった十七音で表現する俳句であるから、類似句、あるいはまったく同じ句が生まれてしまうことはよくあること

・もし、類似句や同一句が発生した場合は、俳句の世界では性善説に基づいて考える。すなわち、基本的には盗作というように見なさない。ただし、最初に詠んだ人の句がオリジナルであると捉え、後に詠んだ人は、発覚以降はその句が自分の句であると主張してはならない

 

実際、夏井先生が自分で句を詠んでいて、「いい句ができた!」と思ったら、高浜虚子の句と一字一句違わなかった、というときもあったそうな。

 

 

翻って、編物(あるいはファッションデザイン)において、こういうことは起こりうるでしょうか。

俳句のケースと全く同じく扱うべきではないとは思いますが、似たようなことはいくらでも起こると思います。

例えば、こちらの本とあちらの本で、異なるデザイナー名でほぼ同じ製図とか模様編みとかが使われていることは割とよくあります。

これは、編み物の技法だとか製図、模様などは、ある程度定型というのが決まっていて、たまたま同じことを考える人がいるということが十分ありうるということです(ここは俳句に似てるかもしれません)。

だからと言って、悪意ある盗作があっていいことにはなりませんが。

 

私も含めて、創作をする人なら誰でも経験があると思いますが、何かを作り出したと思ったら、すでに誰かが同じことをやっていてガックリきた、なんてことは日常茶飯事です。

それだけ、全く新しい創作、全くオリジナルなものづくりというのは難しいことなんです。

 

 

俳句に話を戻すと、このHさんは果たして悪意をもって盗作したのでしょうか?

私は、その可能性は低いと思います。

だいいち、盗作することによって番組を降板させられるリスクがあります。

たかだか1回の昇格のために、そんなリスクを犯すほど愚かであるとは考えにくいと思うのですが。

そこまでプライドのない人ではないような気がするのですが…

ま、でも、先ほどの夏井先生の見解通り、当該の句はもう一切Hさん自身の作とは主張できなくなってしまいました。

 

編物ではそんなトラブルあるのかなぁ?

「似てるよね~」という程度の話題はあるのかもしれませんが…

もしかしたら、私の知らないところで、トラブルめいたことはあるかもしれませんね。

もちろん、悪意をもってパクっちゃいけませんが、私は完全オリジナルのみで創作活動をするのは自信ないし、オリジナルだと確信して作ったものがすでに存在していたなんてことはこれからもあり続けるでしょう。

 

 

創作って何なんでしょうね。

どこまでが許されて、どこからが非難されるべきものなんでしょうね。

 

 

ブログランキングに参加しています。

左クリック・タップで応援↓

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物教室・販売へ
にほんブログ村

 

佐倉編物研究所のTwitter
佐倉編物研究所のInstagram

 

渋谷の手編み講習のご案内です。

西武百貨店渋谷店A館7階「マテリアルショップ」

8月は2日(木)、15日(水)、

9月は6日(木)、19日(水)です。

午前の部10:30~13:00、午後の部14:00~16:30

ご予約はご来店のうえカウンターで、またはお電話(03-3464-4500)にてお願いします。

※)毛糸店でのワークショップのため、原則として講習で使用する毛糸はお店でお買い上げいただきますようお願いいたします。

詳しくはこちら