パウンドケーキを作ってみた | ネコカンぷらす

ネコカンぷらす

愉快な仲間たちが引き起こす楽しいひと時をどうぞ。

面倒くさいので全てフィクションということで(笑)

おうちにある材料でスイーツ。

発作的にお菓子作りをする乙女、さくらでございます。

 

レシピブログを見たいというリクエストがあったので、私がいつも気を付けているポイントなどを公開しちゃいますw

 

まず最初に申し上げますけど、製菓専門店などでしか買えないものは使いません。

個人的には気楽にお菓子作りをしたいから。

 

コストもできるだけ抑えて、おうちにあるもので作れないとね。

材料を買い込んで、次の休みに作ろうと思っても、予定が入ったりする(笑)

 

そうなると意気込みが失われ、材料を腐らす原因になるのだ。

ホットケーキミックスとかそれで何度ダメにしてしまったことか…

 

なので、基本は常備しているもので作るお菓子を紹介していくこととなります。

珍しいモノやすごいものは作れないw

 

では、パウントケーキのレシピ。

 

 

薄力粉・・・150g

ベーキングパウダー・・・5g

グラニュー糖・・・150g

バター・・・150g

卵・・・3つ

 

気が付いたらバターが柔らかくなりすぎていたw

 

まあ、これくらいならパウンドケーキならば影響はないけど、バターって一度溶かしてしまうと冷やしても元通りにならないので気を付けてくださいね。

 

ではでは、作っていきますよー

 

 

バターをクリーム状に混ぜた後、グラニュー糖を投入。

こだわりがなかったら、おうちにあるお砂糖でオッケイ。

 

写真ではヘラですけど、泡立て器でしっかり白っぽくなるまですり混ぜます。

混ぜ終わった後に、真ん中に寄せた方がより白っぽく見えるかな?と思ってヘラを使っただけです。

 

基本、粉を入れない時は泡立て器で混ぜます。

 

 

これが卵を入れた後の状態。

しっかり混ぜないと、卵とバターが分離しますよー

 

3つだとかなり厳しいw

分離し始めたら、少し粉を入れて分離を食い止めてねー

 

 

薄力粉は何度かに分けて入れた方がいいと思う。

だまだまになるからねー

 

ポイントはあまり練らないように、ザクザクと混ぜる。

 

 

ボールを動かしながら、こんな感じでザクザクと混ぜていく。

空気を含ますように混ぜ混ぜ。

 

あ、ベーキングパウダーは薄力粉と一緒にふるっていれる。

後で一か所に入れちゃうと、ふくらみにムラができる原因になるので注意してね。

 

で、もうじき2月になるとバレンタインとかでマーブル系を作る人もいるかもしれないので、コツ。

 

プレーンと色付きを入れる場合、ボールの中で混ぜてから型に流し込むのではなく、型に流し込んでから混ぜる方がマーブルはキレイになるよ。

 

まあこれも好みなので、混ざり切った方が好きな人は合わせてから流し込んでもいいけど、くっきりマーブル模様を出すには型に入れてから混ぜた方がいいよ。

 

 

モコさん、爆睡中www

おりこうさんでしょ~

動きません。

 

 

ヘラで1,2周するくらいでいいと思うよ。

 

この型はクグロフ型です。

長方形の型は100円均一にもありますよ。

 

あとは予熱したオーブンで170度で40分ほど焼きます。

竹串とかでちゃんと火が通ったか確認してね!

 

できあがったものがコチラ。

 

 

たま~にプレーンの場所を切るという奇跡が起こるけど、くっきり色がある方が味もしっかりします。

これをチョコに置き換えたりするといいかも。

 

こだわりたい人へ。

バターを発酵バターにすると香りが一段と上がります。

バニラビーンズを入れると本格的です。

レモンやオレンジのコンポートとか添えれば、お店のような仕上がりw

 

配合はCOOKPADとかたくさん出ているので、使いやすい配合を探してみてね。

では、素敵なお菓子作りライフを♪

 

 

 


人気ブログランキング