絶品ホボクリム | ネコカンぷらす

ネコカンぷらす

愉快な仲間たちが引き起こす楽しいひと時をどうぞ。

面倒くさいので全てフィクションということで(笑)

 

これはおいしい。

ホボクリムにはまっていた乙女、さくらでございます。

 

ローソンで売っていたホボクリム。

薄皮のシュークリームと言われているけど、シュークリームのカテゴリーであって、シュークリームではない。

 

まさに新感覚なスイーツ。

 

ローソンの広報疑惑がかかりそうだけど、マジで美味しかった。

昨年、10個くらい食べたと思う。

 

実はあまり甘いモノが得意ではない。

チョコレートケーキとかバターケーキとか、最初の一口はおいしいけど食べきるのはキツイ。

ケーキの中ではチーズケーキが好き。

 

チーズケーキの中でも一番はNYチーズケーキ。

あ、ベイクドチーズケーキも好き。

 

この二つの違いを簡単に申しあがると、ベイクドチーズケーキはオーブンできつね色になるまで焼き上げるが、NYチーズケーキはオーブンで焼くのは同じだけど、湯せんして蒸し上げる感じ。

そして小麦粉をほとんど使わないからチーズ感がすごい。

 

おまけにレアチーズケーキも好きだけど、焼かずゼラチンを入れて冷やし固めたもの。

口当たりがとてもなめらかなのが特徴かな。

 

甘いモノはあまり得意じゃないけど、スイーツは好き。

だからコンビニスイーツは結構楽しみにしているよ。

 

その中でホボクリムがイチオシ。

だが、ホボクリムはどうやら販売終了になったみたい。

全然見ない…

 

ここまで推しているのに販売終了かよって残念に思った人に朗報。

スノーホボクリムが売られているよ。

 

何と初代ホボクリムのイチゴ版だ!

クリームの中にドライフルーツぽいイチゴが入っていて、初代になかった酸味がプラスされている。

ローソンやりよるわって思ったわw

 

ホボクリムを食べたことがない人にいうと、まず特徴なのが薄皮がモチモチしてるのよ。

一番何に近いかというと、まるで溶けかけた雪見だいふくのような感じ。

 

雪見だいふくとシュークリームじゃ全然違うじゃないか!とツッコミたくなるよね。

ホント大混乱だよなーw

 

あとね、作り方はシュークリームじゃない。

シュークリームは皮を焼き上げてから、クリームを注入している。

 

が、ホボクリムはクリームを注入している形跡がない。

だからクリームを入れてから、サッと焼いているね。

 

でも問題はでクリームのような液体みたいなものを包めるかということ。

大福とか作ったことがある人ならば知っているだろうけど、中に入れるものが柔らかいと非常に包むのが難しくなる。

ある程度硬めに餡を仕上げる必要があるんだよね。

 

ということは、ホボクリムを作るとしたらクリームを冷凍し、それを包む。

表面が白いけど皮がパリッとしてるところを見ると、高温で数秒焼きあげているだろう。

 

本当に絶秒。

 

私はコンビニが好き。

便利だけど年中無休24時間営業じゃないとダメとは思わない派なのよね。

お店自体、24時間じゃなくてもいいと思う派なの。

 

都会の事情は分からないけど、周辺の人がそのお店を利用するわけじゃない?

例えばその周辺に100人住んでいるとしたら、100人利用するとしよう。

そりゃ個人によって食べる量は多少違うだろうけど、100人の胃袋がいっぱいになるとそれ以上の売り上げはないんだよね。

 

簡潔に言えば、24時間にしたからと言って100人の売り上げが倍の200人になるわけじゃない。

100人しかいないのならば、100人しかご飯を食べないんだからね。

本当に24時間あいていると便利なんだけどね。

 

地域によって、場所によって、24時間開ける所とそうではない所を作ってもいいのでは?と思うわ。

マジ、夜のコンビニなんて夏場は虫とゴミしかいないわw

 

あと知らない街に住む場合、治安とか調べる時はコンビニのトイレをみるんだって。

治安が悪いところはトイレを貸さないし、客のマナーが悪いところは非常に汚いトイレだとか。

それを聞いたとき、なるほどって思ったよ。

 

最後に私の住んでいる地域は最後の希望のコンビニも消滅した。

もう歩いて行ける範囲にはなくなった(笑)

 

過疎ってるから。

時代だよな。

 

 


人気ブログランキング