市議会議員時代から「月刊!桜井シュウ」という政務活動報告をその名の通り毎月、発行してきました。衆議院議員になってからも、毎月の発行を続けてきました。

 


 ですが、ここに来て、「このチラシ、桜井シュウ本人が自分で書いているワケではないんでしょ?」と聞かれることが相次いでいます。これまで10年以上も発行し続けているのに、今更、どうしてそのような疑問が湧いてくるのか。理由は分かりません。

 忙しい国会議員が毎月、発行することなど無理だ、ということなのでしょうか。国会議員らしからぬ文章力という評価であるなら、ありがたく受け止めるべきなのでしょうか。しかし、国会議員は、法律を作る仕事ですから、文章力は必要不可欠です。政務活動報告の一つもスラスラと書けて当然でしょう。

 確かに、国会議員ならば、ゴーストライターがいるかもしれません。が、市議会議員にはさすがにゴーストライターを雇う資金的余裕はありません。また、ゴーストライターを務められるような人物がいるなら、その人が議員になれるし、なればよい、ということになります。

 

 で、ここまで引っ張っておいてなんですが、チラシもブログも桜井シュウ本人が書いています。他に、書いてくれる人なんていませんし、そもそも桜井シュウは、ブログを毎日書くぐらい、文章を書くのが好きですので。