本日(2月15日)、衆議院予算委員会において今井雅人議員が質問で使うパネルの掲示係として予算委員会に出席しました。NHK総合で放送されている審議でしたので、テレビにも映っていたこと思います。

 私自身が質問するわけではないので、緊張する程のものではないのですが、それでも質問者の足を引っ張ることのないように気をつけました。

 

 


 さて、質問は総務省幹部職員に対する菅総理ご長男の菅正剛氏による違法接待疑惑についてでした。総務省幹部職員にしてみれば、上に人事権を振りかざす菅総理がいて、放送事業会社の取締役のご長男から会食の誘いがあると断ることは大変難しい、それこそ悩みに悩んで会食に応じたのではないでしょうか。ですが、放送事業者の許認可に関することです。まさに利権を癒着でもって与えるようなことがあってはなりません。

 電波行政を含めた情報通信分野は、今後の日本の経済と社会の発展に重要です。その行政が歪められたということであれば、我が国の発展の妨げになりかねません。癒着や忖度ではなく、自由闊達な競争によってこそ、社会は発展できるのですから。

 

 明日は、総務委員会で桜井シュウ自身が質問を行いますので、本日の質疑を踏まえて正していきます。