不祥事により、先々週は管原一秀経済産業大臣の辞任、先週は河井克行法務大臣の辞任と、閣僚の辞任が相次いだことに対して、安倍総理大臣は任命責任は私にある、責任を痛感している、と言いながら何の責任も取っていませんでした。せめて、説明ぐらいしてもらわなければ、ということで、総理大臣が出席する予算委員会を衆議院では水曜日(本日)、参議院では金曜日に開催することになりました。
審議内容については、テレビのニュース等で取り上げられた通りですが、結局のところ、「今後とも自ら説明責任を果たしていくと考えている」「行政を前に進めることに全力を尽くしている」の述べましたが、辞任した大臣が説明する場をいつどこに用意するのか等具体的なことには一切言及しませんでした。
私たちは、ドタキャンした格好の委員会(経済産業委員会、法務委員会)に参考人として出席して説明することを提案していますが、与党側が拒否しています。説明すべき、と言いながら、裏では説明を拒否する、与党は酷いです。