今週はノーベル ウィークということで、ノーベル賞の各賞が順次発表されます。昨年のノーベル医学生理学賞を受賞した本庶佑先生に続いて、今年は吉野彰先生がノーベル化学賞を受賞しました。本庶先生も吉野先生も京都大学の卒業生でして、2年連続での母校の先輩の受賞は嬉しいものです。
かつての日本は、研究費がふんだんにあったわけではないにしても、自由に研究できる雰囲気があったことが大きなbreakthroughに繋がったものと考えます。今は目先の成果を求められることから、研究者が汲々としていて大きな成果は得られにくいのではないか、と懸念します。目先の成果を追い求めると、返って大きな成果を得られないというパラドックスに気づき、現在の科学研究の性向を改めるべきと考えます。