ラグビーW杯は日本で開催されていて、各地でラグビーのファンと思しき観光客をみかけます。日本は開催国ながら、一次リーグで、前回敗れたスコットランドと優勝候補のアイルランドと同じ組みになってしまい、決勝トーナメント進出はなかなか厳しいと思っていました。
そして、ラグビーは番狂わせの少ない競技と聞いています。ガチンコで体力勝負なので、ラッキーなことが1つ2つあっても最後は自力が勝るという感じです。その意味では、第一戦のロシア代表との試合では、日本代表は序盤は劣勢でしたが、後半は盛り返しました。自力で勝っていたからでしょう。
と考えると、アイルランドとの試合は厳しいというか、無理と思っていました。が、勝ちました。やっぱり試合は、やってみなきゃ分からない、試合に向けて全力を尽くすことの大切さを改めて感じました。

選挙もやってみなきゃ分かりません。自力に勝る!と言い切れるようにするべきなのでしょうが、当選一回の身では、そのような境地は遥か彼方です。いつあるか分からないのが衆議院ですが、ラグビー日本代表チームを見習って全力を尽くします!