昨日、投開票が執行された岩手県知事選挙で現職で野党統一候補の達増拓也候補が国政与党の自民・公明が推薦する候補を大差で破って当選しました。
知事選挙は、その地域の課題に対して判断すべきものですから、国政の対立構造を持ち込むことは適当ではないと考えます。今回の岩手県知事選挙では、達増候補の実績が信任されたということだと思います。逆に言えば、自民・公明の推薦ということではほとんど神通力がなかったということでもあります。
野党としては、岩手県知事選挙での成功例を国政に活かせるように努めます。