本日(7月8日)は、立憲民主党国会対策委員長の辻元清美衆院議員が阪急塚口駅南口とJR立花駅南口で応援演説しました。また、党派を超えて、尼崎の県議会議員と市議会議員が応援にかけつけて下さいました。

 



 さて、連日、党本部から幹部が続々と応援に入っています。悠々当選であったり、箸にも棒にもかからない状況ですと、応援はありません。連日のテコ入れということは、それだけ接戦ということなのでしょう。

 3年前の参院選兵庫県選挙区では定数3は、安倍内閣を信任する政党に独占されました。今回は、立憲主義と民主主義をまもる議席、そして安倍内閣の問題点を指摘して、正すべきは正す議席とできるように頑張ります。


     夜は、阪神尼崎駅北口で街頭演説しました。仕事帰りの市民のみなさんに演説を聞いていただけました。