今晩は、伊丹市立アイフォニックホールで立憲民主党兵庫6区の集会を開催しました。

台風接近か?ということで、開催が危ぶまれました。が、夕方には雨はほぼやみ、無事に開催できました。大勢の皆さんにご参加いただき、誠にありがとうございました!





立憲民主党本部からは、逢坂誠二政調会長が応援弁士として講演しました。国政報告として、国会審議の悲惨な状況、すなわち行政資料は出てこない、質問してもはぐらかすようなことしか答弁しない、あげくに改竄・捏造された決裁文書や統計データを提出するなどです。質疑応答では、年金問題、格差拡大の問題など多くの質問に答えました。

来週の木曜日からスタートする参院選に立候補予定の安田真理さんからは、決意を表明しました。

桜井からは、国会での活動を報告しました。特に、国会議員が700人以上いる中で、採決要員として以上の1人の国会議員としての役割と存在価値について報告しました。得意分野として、国際関係、金融、科学技術などでの取り組みを説明しました。