本日(6月11日)から兵庫県議会、神戸市会、西宮市議会、芦屋市議会の任期がスタートしました。新人と元職の方々、就任おめでとうございます。
24年前の1月の阪神淡路大震災で選挙が執行できなかったことに伴う任期延長の結果として、その後は選挙は4月に執行するものの、任期は6月11日からスタートするといういびつな状態が続いています。
現職は、選挙後も前の任期が続いているので、空白期間はありません。つまり、このような選挙と任期のズレは現職に有利な制度です。今期の任期は3年10ヶ月とすることで、4年後にはこのズレを解消するそうです。長い年月がかかりましたが、フェアな選挙制度に戻ってよかったです。