立憲民主党の結党から1年

テーマ:

 丁度、1年前に立憲民主党が結党しました。10月2日に枝野幸男さんが記者会見を開いて結党を宣言し、10月3日に結党の届け出を行いました。私は、枝野さんの記者会見をみて、立憲民主党への入党と立憲民主党の公認で立候補を決めました。衆議院が既に解散されており、選挙に向けて立候補予定者が走り出している慌ただしい中、辻元清美さんや長妻昭さんから直々にお電話があったことを今も鮮明に覚えています。

 この1年間は、衆院選、特別国会、年末年始のイベント、通常国会、兵庫県連の設立、統一地方選の候補者擁立などに駆け抜けました。昨年10月~今年の6月までの9ヶ月間、兵庫県連はほとんど私1人の状態でしたので(1~2名の地方議員が先駆けて入党いただきましたが)、なかなか立憲民主党の姿をみせることができませんでした。枝野代表は、「草の根からの民主主義」や「立憲民主党はあなたです!」といっているけれども、兵庫県連では全くできていないじゃないか、とのご批判があることは重々承知しています。

 しかし、ようやく県連の体制が整いつつあります。県連所属の地方議員は15名になりました。9月22日(土)には男女共同参画推進セミナーを開催できました。今後は、統一地方選に向けての政治活動の中で、立憲民主党兵庫県連の姿をお見せし、またご意見をいただける機会を設けていきます。