のど飴と議会

テーマ:
熊本市議会で、本会議中にのど飴を舐めていたことが議会の品位を貶めるとしてその議員が謝罪を求められ、謝罪を拒否したら賞罰動議で出席停止とのこと。
のど飴を舐めることはお行儀が良いとは言えません。悪いことをしたとしても、その罰は悪いことの程度とのバランスが取れていなければなりません。この観点から、のど飴を舐めていた程度で、懲罰で出席停止にする程のものなのか、疑問です。懲罰を受けた議員がいみじくも言っていたのは、品位というなら野次はどうなのか、ということです。
なによりも、懲罰動議で8時間を費やしたとのこと。馬鹿げています。これほど生産性の低い会議はなかなかないと思います。

さて、翻って、私自身も議員です。議会での審議が効果的で生産性の高いものとなるように努めます。