昨日は、沖縄知事選挙の投開票が行われました。事前の報道では、玉城デニー候補と自民党と公明党と維新の会が推薦する候補との一騎打ちで接戦となるのではないか、とのことでした。しかし、開票が終わってみれば、玉城候補が39万票で、2位に8万票の差をつける圧勝でした。

 自民党と公明党は総力戦と称して、全国から沖縄に弁士と運動員を送り込んでいました。が、それが逆効果だったとの報道があります。野党は、新潟知事選で野党の国会議員が前面に出て負けたという反省を活かして、前面に出るのは玉城候補というのを徹底できたことが良かったと考えます。そもそも、沖縄県の知事を決める選挙なのですから、沖縄の県民がジックリと考えられるような選挙にすべきでした。そして、結果は、沖縄のことは沖縄が決める、という方針の玉城デニー候補の圧勝でした。沖縄の民意が示されたのですから、それにしたがった政策と事業が実施されるべきです。