サッカーのW杯では、二大会ぶりに、日本代表チームが決勝トーナメント進出を勝ち取りました。おめでとうございます。

 さて、決勝トーナメント進出をかけたグループステージ3戦目は、すでに敗退が確定したポーランドとの対戦でした。ポーランドは敗退が確定すると無類の強さを発揮するとの過去の実績があり警戒すべき相手でした。案の定、やられてしまいましたが、それでも最少失点にとどめたことが決勝トーナメント進出につながりました。

 なお、最後の10分、日本代表が負けているにも拘わらず、攻めに行かずにボール回しをしていたことに批判があがっています。しかし、グループステージは、3戦トータルで評価するものです。3セット目で負けても、1セット目と2セット目でポイントを稼いでいれば、勝ち上がれるということなので、勝ち上がるために最善を尽くしたということで、何も批判されるものではないでしょう。

 

 確かに、同時間帯に行われいたHグループの別の試合でセネガルが得点をあげれば、日本が敗退することになるのでリスクはありました。しかし、コロンビアも決勝トーナメント進出のためにはかつ必要がありました。勝ちに拘るということは、1点差を守り抜く戦術をとると考えられました。守りを固めたコロンビアから得点を奪うことは、セネガルといえども簡単ではありません。

 また、ポーランドは敗退が決定しているとはいえ、最終戦で勝てれば対面は保てます。1-0で勝てるのであれば、それ以上、無理な攻めはしてこないでしょう。こうした考えを総合すれば、安全第一の戦術が決勝トーナメント進出への近道だったと考え、決断したことは極めて合理的です。ドーハの悲劇では、勝っているところに無理に攻めに行って、返り討ちにあって同点にされて、W杯アメリカ大会への出場を最後最後で逃してしまいました。その教訓を生かせていると考えられます。

 それにしても、グループステージの最終戦で負けても決勝トーナメント進出できるって、贅沢な状況です。

 

 ともかく、決勝トーナメント進出は、1戦1戦が勝負です。次の試合も勝って初のベスト8を期待します。