カジノ法案、衆議院本会議で採決

テーマ:

 本日の衆議院本会議でカジノ法案が採決されました。私は大反対しましたが、残念ながら可決されてさまいました。

 

 私は、カジノそのものに反対です。カジノは儲からない上に、ギャンブル依存症で不幸な家庭を増やしてしまうからです。

 一時期、マカオやシンガポールでカジノが儲かっていた時期があります。が、中国が腐敗撲滅を強化してからは、下火になっています。つまり、カジノは汚職などの不正な蓄財のマネーロンダリングの場になっていたということなのでしょう。日本をマネーロンダリングの場にすべきではありませんし、そのようなニーズはもうなくなりつつあります。したがって、儲かりません。

 我が国はすでにギャンブル依存症が多数います。パチンコや公営ギャンブルがあるからで、それらはいいのか?という議論があります。私は公営ギャンブルも含めてやめた方がよいと考えています。が、カジノの問題は、パチンコなどとは桁違いの巨額の金額が動くことにあります。不幸な家庭を確実に増やすでしょう。そのようなことにどうして政治が加担するのか、全く理解できません。
 さらに、今回の法案はできが悪すぎます。外資規制がないのでアメリカのカジノ大手が日本に進出してきます。結局、日本の金融資産がアメリカに吸い取られるだけでしょう。
 カジノでカジノ業者がお金を貸すこともできるとのこと。これでは、泥沼にはまってしまいます。
 カジノ規制委員会にはカジノ業者関係者が入るとのこと。泥縄もいいところです。規制ができるはずがありません。
 カジノエリアの面積規制も抜け穴だらけです。面積割合が3%というだけで、リゾート全体の面積に制限がないので、カジノが巨大なものになるリスクがあります。
 
 このようにカジノを解禁するにしても、あまりにも酷い内容です。