本日、執行されました新潟県知事選挙では、野党5党と1会派が推す池田千賀子候補と、自民党と公明党が推す花角英世候補との事実上の一騎打ちとなりました。
結果は、花角候補の当選が確実となりました。

さて、今回の新潟県知事選は、不自然なねじれ方をしていました。新潟県は、柏崎刈羽原発の地元自治体です。原発エネルギー政策は、県政の重要課題です。すなわち、原発に頼るのが、頼らないのかの重要な分かれ道です。
この原発エネルギー政策について、花角候補は、前任の米山前知事の政策を踏襲する、すなわち原発は再稼働しない方針を約束していました。
しかし、花角候補を推した自民・公明の与党は、国政においては原発再稼働推進で原発を主軸としたエネルギー政策を推進しています。

ます、この不整合が今後、どのようになるのか、花角知事が選挙での約束反故にしないよう確認していくべきです。
まさか、選挙のときだけ再稼働反対を言い、選挙が終わったら知らん顔して再稼働、なんてことにならないように、確認していきます。

ところで、自民党と公明党は、原発エネルギー政策という重要政策で真逆の政策を掲げる候補を応援するんですね。国政での政策がウソなのか、新潟県での政策がウソなのか、どちらかがウソということになります。そうしたご都合主義についても質して行かねばなりません。