憲法集会@いたみホール

テーマ:

 本日は、地元の伊丹の東リいたみホール大ホールで、憲法集会を開催しました。メインゲストには、山尾志桜里衆議院議員です。私は地元の衆議院議員として開会にあたってご挨拶させていただきました。

 
 第1部は、「保育園 落ちた」問題と憲法改定問題について、山尾議員から講演いただきました。
 国民が声を上げれば政治が変わり、社会が変わる、ということを、保育園待機児童問題への取り組みを通じて実感したそうです。
 「保育園落ちた、日本・・・」のブログを引用して話題となった2016年2月の衆議院予算委員会での山尾志桜里議員の質問ですが、安倍総理の答弁は「匿名のブログなのでコメントできない」との素っ気ないもので、質問した直後は失敗したと思ったそうです。しかし、その後、待機児童で悩んでいるご家庭の皆さんが「保育園落ちたの私だ!」という署名を始め、短期間で2万筆以上の署名が集まりました。その署名を厚生労働大臣のところに持って行ったところ、厚生労働大臣は待機児童解消に取り組むと言わざるをえなくなりました。山尾議員ご自身が、国民の声こそが政治を変える、ということを学んだとのこと。
 

 
 第2部は、地元の子育てママたちと山尾議員とが、子ども子育てと男女共同参画に関してパネル討論を行いました。時間が足りずに、各パネラーと一往復ずつの議論でもったいなかったです。議論を掘り下げつつ、実践していきます。