八大龍王

テーマ:

私は聖師・出口王仁三郎によって玉川龍神、二代様・出口すみから大本八大龍王を祀ることを託された櫻井家に生を受けました。


その私が龍使いとしてこれまで神業をしてきたのも因縁めいたものを感じずにはいられません。


八大龍王というのは、五男三女神のことであり、有名な日本三大祭のひとつ、京都の祇園祭はそれを祀るお祭りなのです。


私の新刊にも書いておりますが、いよいよみろくの世に向けて龍が目覚め、その結束を固めております。


八大龍王はまさに、みろく(567)の世を開く(8)龍神。


そして、宇宙の根源より降臨してきたコスモドラゴンの影響により、さらなるお働きをするのです。

AD