モチベーションと不動産投資 | 自己資金0円からの不動産投資

自己資金0円からの不動産投資

桜木大洋 公式ブログ


テーマ:







不動産投資というものは
誰でも取り組みやすいものだけれど


その反面、ちょっとうまくいかないと
すぐにあきらめてしまうものです。


その理由は
結果が出るととても大きく
人生が変わるほどの成果を得られますが


時には結果を得るまでの道のりが遠く
険しいものなので


ちょっとずつ積み上げていくような
右肩上がりの手応えがないため
モチベーションが続かないからです。


モチベーションというものは
いわゆる「動機づけ」であり
人に行動をおこさせる要因と解釈します。


会社や組織に属している人の
モチベーションが高い状態とは


上司に言われてイヤイヤ取り組む姿勢
ではなく、


自発的に業務を改善するなど
業績を上げるために情熱を注ぐこと
などをいいます。


ですので会社側、つまり経営陣は
社員のモチベーションが高いレベルで
維持できるよう


職場環境の整備や報酬のアップなど
さまざまな手段を講じるわけです。


逆の観点で、社員にとっては、
会社が与えてくれる
モチベーションアップの材料を吟味し


やる気を出したり
こんなのやっていられないよ、
と影響を受けていきます。


そういう状態が日常的になっていると
不動産投資のようなビジネスは


誰からもモチベーションを与えられる
わけではなく、目標も内容も自分で決めて
一人でやり続けなければなりません。


つまり、「動機づけ」は自分が、
自分自身にするしかない、というのが
あきらめやすくなる原因なのです。


この自分への動機づけを、単なる
「がんばること」と片付けて
気合で乗り切れないときには


少し学問の力を借りてみます。


有名なモチベーション理論のひとつに
アメリカの心理学者マズローの
「欲求5段階説」があります。


第1階層:生理的欲求
第2階層:安全欲求
第3階層:社会的欲求(帰属欲求)
第4階層:尊厳欲求(承認欲求)
第5階層:自己実現欲求


人間のもっとも基本的な欲求は
食べる、飲む、寝るという
生きるために必要な欲求、
健康や安全な生活環境などですが


これらの物質的欲求が満たされると
次は社会的欲求を求めるようになり


仲間が欲しくなり、
コミュニティーに属したりします。


次に、他人に認められたい、
尊敬されたい、というステージになり


最後には自分の能力を活かして
創造的な活動をしたい、という
自己実現の欲求が沸いてきます。


この各段階を大きく分類すると
第2階層までの欲求は物質的欲求、
第3階層以降の欲求は精神的な欲求
といえます。


不動産投資などの個人事業、もしくは
新たなビジネスにチャレンジする人は、


当然ながら第3階層以降の精神的欲求を
維持していかなければなりません。


それなのに、生理的欲求や安全欲求の
満足・不満足だけにとらわれて


その先の欲求の実現に向かうことが
できなくなり、またはできない言い訳を
探してしまうことがあるのは残念です。


そして、第3階層以降の欲求を満たした時
の喜びは、第2階層以前のそれと比べて
計り知れない大きさがあります。


自分が何かにチャレンジしたい
と思うことは、
ただその日を安定的に生きるだけではなく


その先の、もっと高い次元での幸福を
目指しているんだ、という意識を
強く持てると良いですね。


そのモチベーションを維持するためには、
手の届かないほど高い目標の前に、


自分で決められる小さな目標を掲げて
少しずつ達成していくことがコツです。


そういうことも、全て自分で決められる
ことが、個人で取り組む不動産投資の
強みであり、自由で良いところだと
捉えていきたいですね。



モチベーションを高めたい方は
ぜひ「不動産投資プラチナ講座」に
お越しください。


詳しくはこちら。





===================
ブログ700号達成記念プレゼント!
「不動産投資成功マインド養成バイブル」
無料で配信中。お申込はこちら
===================





*******************
前号のブログ
不動産投資のイメージは?
*******************




詳しくは http://sakuragitaiyo.com/73171/?p=5&fwType=amb

sakuragitaiyoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス