在りし日の日記

在りし日の日記

建築の企画展や展覧会、国内外の建築名所巡りの感想などを中心に 趣味や身の回りの出来事などを書いていこうと思います。

Amebaでブログを始めよう!

「東京文化会館バックステージツアー」に参加した時の模様をご紹介します。


このバックステージツアーは年に数回行われていて、普段は見ることがない東京文化会館の舞台裏をじっくりと見学できます。


JR上野駅の公園口を出ると、目の前に建つのが東京文化会館です。

1961(昭和36)に竣工したこの建物は前川國男による設計で、氏が師事したル・コルビュジエの強い影響が随所に伺えます。




在りし日の日記-東京文化会館1

在りし日の日記-東京文化会館2

外観は 深くせり出したコンクリートの曲面軒庇とそれを支えるコンクリート打ち放しの力強い列柱が印象的です。




在りし日の日記-東京文化会館3

大ホールの舞台から観客席の眺め




在りし日の日記-東京文化会館4

2~5階席のせりだしが 外部庇と似た形態となっています。




在りし日の日記-東京文化会館5

まず最初に案内されたのは、舞台前方に位置するオーケストラピット、

地下への階段を降りてゆきます。




在りし日の日記-東京文化会館6

オーケストラピットからの眺め

楽団員の座る椅子と譜面台がセッティングされており、雰囲気を味わえます。




在りし日の日記-東京文化会館7

在りし日の日記-東京文化会館8

座ったままの状態で、ピットの上昇が始まります。




在りし日の日記-東京文化会館9

在りし日の日記-東京文化会館10

次に、舞台・照明・音響の仕組みをプロのスタッフが解説してくれます。

舞台上部に吊るされているこれらの機構は、かなり複雑なものでした。




在りし日の日記-東京文化会館11

在りし日の日記-東京文化会館12

次に案内されたのは舞台裏(舞台の下手側)

出演したアーティストたちのサインやパネルがたくさん飾られていています。




在りし日の日記


入場時に配布される資料には、サインの日時と公演名が記された一覧がついています。サインの位置や大きさなど、レイアウトまでしっかり記されているのでわかりやすいです。

私はオペラやバレエをまったく観ないので、これらのサインにも 特に感動することはありませんでしたが(^_^;)、それらに造詣が深い人が見れば、反応も違うのでしょう。 (それでも、小沢征爾と熊川哲也は分かりました)(^_^;)




在りし日の日記-東京文化会館14

地下にある楽屋




在りし日の日記-東京文化会館15

地下のコンクリート壁面にも びっしりとサインが。




在りし日の日記-東京文化会館16

地下の楽屋を見学した後は、5階の照明スポット操作の体験です。

階段を使って上がります。

この色使いが、コルビュジエを連想させます。




在りし日の日記-東京文化会館17

ホール内の通路

床の絨毯までピンクです。温かみがあり、しつこくないピンク色ですね。質感やテクスチュアは全く違いますが、色だけで言うと、ルイス・バラガンが好んで使いそうな感じでしょうか。




在りし日の日記-東京文化会館18

在りし日の日記-東京文化会館19

客席5階中央にあるピンスポット

ここでは実際に操作することができます。

資料によると、技術修練には少なくとも3~4年を要するとあります。




再び舞台へ戻り、カーテンコール体験をします。

参加者がオペラ・バレエの出演者になりきり、雰囲気を味わえます。

なかなか気分の良いものなんだなと感じました。




在りし日の日記-東京文化会館20

次は「プロンプターボックス」の見学です。

スタッフがこの小さな空間に入り、オペラなどで 出演者が台詞や立ち位置、所作を失念した場合に合図を送るという話でした。

内部には小さな椅子とモニターが設置されています。




在りし日の日記-東京文化会館21

バックステージツアーの内容は以上のような感じです。

(所要時間は90分程度)


今年は7月22日(日)と7月23日(月)に開催されるようなので、ご興味のある方は参加されてはいかがでしょう。

ちなみに参加費は、7月22日が300円 7月23日が500円 となっています。





 

今日は朝から 日本中が金環日食で盛り上がりましたが、かく言う私も、一週間ほど前から観測グラスを準備し、今日の日を楽しみにしていた一人です。

滅多に見れるものではないし、どうせならより良く見たいので、普通のメガネタイプではなく、3倍大きく見えるというオペラグラスタイプを買っておきました。



在りし日の日記


前日の予報通り、雲のかかる空模様でしたが、幸い松戸市金ケ作の上空は薄い雲だったので、問題無く観測できました。



ちょうどリングになる瞬間が、一番の見どころでしたね(^∇^)

その瞬間、頭の中に「2001年宇宙の旅」でおなじみ「ツァラトゥストラはかく語りき」が流れた人は、私だけではないと思います。



観測グラスを持っていないご近所の方々にも、どうぞ見てくださいと貸して差し上げました。みなさん大変喜ばれて、朝から気分の良い一日でした。(^∇^)




金環日食も素晴らしかったのですが、先週の土曜日に行われた親友の結婚披露宴が とても感動的な出来事でした。



在りし日の日記
    キャンドルサービス



新郎のK君とは、四半世紀以上の長い付き合いで、映画やライブ、食べ物屋さん巡り等、たくさんの思い出があるなぁ・・・



十年以上前に、私が日本建築家協会主催の「アメリカ住宅事情視察団」に参加したとき、K君は全く畑違いの「農家」でありながら、その視察に同行しました。



ツアーの参加者同士で自己紹介をしたとき、みんな一様に驚いていたことを思い出します。ここ数年のように、建築がブームになる前のことで、しかし一般の人が名作建築を見ることは大変良いことだと、みなさん好意的でした。



当時、一般公開されていなかったフィリップ・ジョンソンの「ガラスの家」やルイス・カーンの「フィッシャー邸」「エシュリック邸」、ミースの「ファーンズワース邸」「レイクショアドライブのアパートメント」、ライトの「落水荘」「ロビー邸」等々・・・そして「母の家」では、設計者のロバート・ヴェンチューリさんが自ら案内と解説をしてくれたという豪華なツアーでしたが、果たしてここまで密度の濃い建築ツアーを体験した農家は他にはいないのでは? ・・・と今でも思ってます。


在りし日の日記
F・ジョンソン「ガラスの家」


当時の私は建築を見ることしか考えていなかったけれど、K君が参加してくれたおかげで、夜のアメリカを堪能できた、これにはとても感謝していて(と言っても、怪しげな場所ではありません(^_^;) シカゴで本場の「ブルース」をニューヨークで最先端の「ジャズ」をK君の働きかけで体験することができたのです。


在りし日の日記


在りし日の日記

ニューヨーク「スウィートベイジル」



K君、そして新婦のYさん、あの素晴らしい披露宴に参加させてくれてありがとうございました。

ブログからも、末長~い幸せと、ご健康を、お祈りいたします。


在りし日の日記

スピーチをする私







先日 現場で遭遇した出来事。



近所に住んでいる親戚から 宅内の補修工事の依頼があり、車でお宅に向かうと

前方の路面に何か白い物体が転がっていました。



毛羽立っていて微動だにしない様子から「ぬいぐるみかなはてなマーク」と最初は思いましたが、

ゆっくり車を進めると どうも本物の毛のようなのです。


「 うわ~っ 車にはねられた猫かな!?



さらにゆっくり近づいて行くと・・・



いきなり尻尾だけをパタパタ振り始めました。



しかし すぐ横まで車のタイヤが近づいているのに 尻尾以外は微動だにしません。



そのまま車で猫の横を素通りし 車を降りて ケガをしていないか確認しました。



在りし日の日記


近くに寄っていくと どうやら 日向ぼっこをしているだけのようで・・・汗



薄目を開けて 気持ち良さそうにしてました。


(何を騒いでんの?と言いたげな表情です)


在りし日の日記



在りし日の日記


後で話を聞いたところ この猫さんは御年15歳で 人間なら90歳くらいの


おばあちゃん猫ということでした。


くれぐれも車には気を付けて汗 長生きしてもらいたいものです。にこ