その美しさはフェロモンが匂い立ち、男心をかき立てるような色香・・・リーディン時代小説「寧々ね」⑦ | 2万人以上が幸せに!愛され、満たされ、最幸の女性になる美開女レッスンで、未来からプライスレスの愛も豊かさも受け取り、輝いて生きる

2万人以上が幸せに!愛され、満たされ、最幸の女性になる美開女レッスンで、未来からプライスレスの愛も豊かさも受け取り、輝いて生きる

セラピスト歴20年2万人以上が幸せに!愛され満たされ、最幸の女性になる美開女レッスン。未来からプライスレスの愛と豊かさを受け取る【40代から心のフィニッシングスクール】リーディングセラピスト、ヒプノセラピスト養成「心星ポラリス」神戸:人響三九楽ひびきさくら


テーマ:

 

彼の才能と運に賭けてみたい!・・・リーディング時代小説「寧々ね」①

 

彼はわたしの手を握りながら、頬にチュウしてくれました・・・リーディング時代小説「寧々ね」②

 

わたしが、わたしをイカせる・・・リーディング時代小説「寧々ね」③

 

夫が妻に、他の女性がすき、などと言うものでしょうか?・・・リーディング時代小説「寧々ね」④

 

男は女より、プライドの高い生き物です・・・リーディング時代小説「寧々ね」⑤

 

彼の子どもを産んでくれる女を、彼に与えます・・・リーディン時代小説「寧々ね」⑥

 

 

愛する我が子を失い、秀吉は戦への気持ちを駆り立てられました。

信長様の命で、毛利氏の支配する中国攻めを申し付けられ、播磨、丹波を押さえ着々と勝利していました。

毛利氏との戦いに向け、秀吉の優位に進んでいましたが、内部分裂により中国攻めは一時中断することになりました。

そしてこの時、秀吉は信長様から信長様のお子様を養子としてもらい受けることになったのです。

 

この話しも、わたしから信長様にお願いいたしました。

子を失った秀吉のあまりの落胆ぶりに、彼が父親とも慕う信長様のお子様を養子として迎えられたら、秀吉も元気になる、と考えたのです。

秀吉の子は、いつどんな女が身ごもるかわかりません。

そのいつか、を待つより、今すぐ彼に子どもを与えたかったのです。

彼が笑顔になるように、彼の幸せを一番に考えていました。

 

それに、主である信長様のお子様をご養子にいただき、信長様とご縁続きになれば、今後の秀吉の出世にも有利です。

わたしは信長様に石松丸のことを話し、秀吉のために、信長様のお子様を養子に迎い入れたいことをお願いし、頭を下げました。

信長様のお子様が、羽柴の家を継いで下さったら、羽柴家は安泰です。

織田家との強いつながりもできます。

それも秀吉に安心してもらうためでした。

 

わたし達は2年前に、すでに一人養女を迎えておりました。

まつさんの娘です。

まつさんは約束通り、4女の豪姫をわたし達の養女にくれました。

まつさんに似て、利発な美しい子です。

秀吉もとても可愛がっています。

彼女は、わたしの心の支えにもなりました。

 

ですから、子どもをもらい受けることに、何のためらいもありませんでした。

わたしは信長様に言いました。

 

「秀吉は、信長様のお子様を養子に迎えると、ますます信長様のために張り切って自分の身を削り働きます。

秀吉とは、そんな律儀な義理堅い男です。」

 

信長様は腕を組んで、わたしの話をじっと聞いていました。

やがて口を開きました。

 

「寧々、わかった。

わしの4男の於次丸を、やろう。

大事に育ててやってくれ。」

 

そう言って、信長様はやさしいまなざしでわたしを見つめて言いました。

 

「寧々よ。

秀吉と夫婦でいる事は、大変だろうが、やりがいもあるようじゃな。

お前が男であれば、さぞ優れた武将になったことだろう。

じゃが、お前は女だ。

女には女でしかできぬ戦がある。

お前ならその戦を、しなやかにしたたかく美しく生き抜いて生きそうじゃ。」

 

そう言って笑っていました。

そこにお市の方様が、三人の姫様たちを連れてこられました。

 

「寧々、紹介しておこう。

お市のことは知っておるな?

お市の娘の、茶々と初と江じゃ。」

 

わたしはお市の方様と三人の姫様たちに頭を下げました。

三人の姫様はみな、可愛い姫様たちでした。

長女の茶々様は、一番お市の方様に似ており、利発そうな美少女でした。

信長様は、この姫様たちをとてもかわいがっているようです。

 

お市の方様は再び嫁ぐことを断り、信長様の保護を受け悠々と暮らしておられます。

以前にも増し美しくなっていました。

その美しさはフェロモンが匂い立ち、男心をかき立てるような色香です。

もしかしたらお市の方様は、自分の美しさを磨くために恋をしているのかもしれません。

目線の動かし方や、しなやかな手の動きに、女のわたしでさえドキッ、といたしました。

 

お市の方様が秀吉を相手になどするわけがございませんが、秀吉が深く心惹かれるのもわかるような気がします。

底なし沼のような、と言うと失礼ですが、長政様に別れを告げた小谷城を出たお市の方様には、以前のような無邪気な美しさではなく、男をどこかに引き込むような美しさがありました。

その美しさを自分でご存じで、それを自由自在に扱っておられるご様子に見えました。

すぐそばにいる長女の茶々様は、それをなんとなく言葉にできませんが、わかっておられるようです。

母であるお市の方様の女の部分に嫌悪感を抱きながら、あこがれている・・・

そんなご様子にお見受けしました。

 

静かにお市様たちを観察していたわたしに、不意に茶々様がわたしの方を向いて言いました。

 

「あなたが、あの猿の奥さん?」

 

そこにいたみなが、笑いました。

その言葉を聞いた時、カァッ!と胸の中に怒りの炎が燃え経ちました。

わたしの大切な秀吉がみなの面前で馬鹿にされたのです。

唇をグイッ、と噛みしめ、下を向き、怒りを隠しました。

 

「これ、茶々失礼ですよ。」

と、お市様がいさめましたが、その瞳にはまったく謝意の気持ちはなく、面白がるような眼差しがありました。

 

お市の方様にとって秀吉は、小谷城を攻め落とした憎い敵です。

きっとお市様や姫様たちの間で、秀吉は「猿」と呼び捨てにされているのでしょう。

また秀吉も自分のことを「猿」と言っているのでしょう。

でも、わたしにとっては愛おしい夫、と言う名の子どもです。

それをみなの面前で言われることは、わたしも共に馬鹿にされていることと同じです。

 

今に見ておれよ、という思いがムクムク湧き上がり、つい言葉に出てしまいました。

 

「はい、猿はこの度信長様のお子様、於次丸様をもらい受けることになりました。

どうぞ、今後ともよろしくお願い申し上げます。」

 

我が家が信長様とご縁続きになると知って、茶々様は一瞬バツが悪そうな顔になりましたが、すぐに笑顔を作って言いました。

 

「それでは、わたくし達とも深いご縁ができますね。」

 

その艶やかな笑顔は、とても10歳の少女には見えませんでした。

 

 

「深いご縁」

 

この少女が放った言霊は、後にわたしと秀吉、茶々様を結ぶ深いご縁につながります。

もちろん、当時のわたしはみじんもそのことをわかっておりませんでしたが。

 

そしてわたし達夫婦は、信長様の4男の於次丸様を養子に迎えました。

名を、羽柴秀勝といたしました。

秀勝は、わたし達にもなつき、羽柴の家は豪姫、秀勝という二人の子どもであたたかい笑顔に包まれました。

秀吉は、新たな家族、新しい息子の誕生で心の空白が少し埋まったように見えました。

わたし達は当時、本当に秀勝に羽柴の家督を譲るつもりでおりました。

信長様との絆をもっと深めたい、という思いもありました。

これで、羽柴の家の未来も安定したように思えました。

わたしも、秀吉に浮気はいいけれど、子ども産む女をあてがう必要などない、と思っておりました。

やっぱりいやですものね。

 

秀吉の先を進み、ずっとわたしと秀吉を導いてくれる、と信じていた信長様。

わたし達を結びつけ、夫婦の絆を深くして下さり、自分の息子まで与えてくれた信長様。

その信長様がまさかあのような非業の死を遂げられるとは、その時夢にも思っていませんでした。

 

けれど歴史の針はどんどんそこに向かって流れていくのでした。

 

 

-------------------------------------

 

あなたが考える幸せとは、何でしょう?

 

愛する人の幸せが、あなたの幸せですか?

 

あなたの幸せと愛する人の幸せは同じですか?

 

愛する人を幸せにするために、あなたは何ができますか?

 

 

すべて同じである必要はないのです。

 

あなたが心から望む幸せから、目を背けないで下さいね。

 

 

美しく生きる

 

美開女(Be.Akujo)への三歩目。

 

 

 

 

 

 

 

 

美開女伝説1「お市さ~ん」

 

 

美開女伝説2「茶々ってば」

 

 

心豊かにエレガントに生きる、8月の美開女グレイスフルセッションご予約

 

新メニュー

未来のあなたからのメッセージ!「愛・美・富」の扉が開くマジックスペル

 

 

    ~いつでもお受けできる美開女グレイスフル・メニュー~

 

🌸今すぐ未来が開き、動き出す!美開女グレイスフル・セッション裏メニュー

 

🌸未来で待っている幸せを伝える【美開女メール・リーディング】

 

 

【心星ポラリス】

お問合せ・・・info@polaris-sakura.com

080-3136-4189

 

★美開女になって幸せに生きるメルマガ【心星フォーチュン・メッセージ】

 

 

 

 

 

 

 

 

宇宙ビジョン作家 美開女 人響三九楽ひびきさくら さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス