夫が妻に、他の女性がすき、などと言うものでしょうか?・・・リーディング時代小説「寧々ね」④ | 2万人以上が幸せに!愛され、満たされ、最幸の女性になる美開女レッスンで、未来からプライスレスの愛も豊かさも受け取り、輝いて生きる

2万人以上が幸せに!愛され、満たされ、最幸の女性になる美開女レッスンで、未来からプライスレスの愛も豊かさも受け取り、輝いて生きる

セラピスト歴20年2万人以上が幸せに!愛され満たされ、最幸の女性になる美開女レッスン。未来からプライスレスの愛と豊かさを受け取る【40代から心のフィニッシングスクール】リーディングセラピスト、ヒプノセラピスト養成「心星ポラリス」神戸:人響三九楽ひびきさくら


テーマ:

 

彼の才能と運に賭けてみたい!・・・リーディング時代小説「寧々ね」①

 

彼はわたしの手を握りながら、頬にチュウしてくれました・・・リーディング時代小説「寧々ね」②

 

わたしが、わたしをイカせる・・・リーディング時代小説「寧々ね」③

 

 

わたしは藤吉郎の妻として表の顔を持ちながら、彼と2人でいる時は彼の母親としての顔を持っていました。

 

藤吉郎は、その日あったことを子どもが母親に話しをするように、無邪気にわたしに何でも話をします。

その話の中に、ある1人の女性の話がたびたび出てきました。

 

「そりゃあ、もう、わしには別世界のようなとてつもなく綺麗な人じゃあ!

 

「今日は、そのお顔が見られたから、満足じゃ~!」

 

 

彼の話に、さりげなくちりばめられたその方のことを、つい悪戯心を出して聞いてみたのです。

 

「お前様、もしかしてそのお方のことを、好いていますか?」

 

ほんの軽い気持ちでしたのよ。

笑って、否定するとばかり思っていました。

けれど、藤吉郎は一瞬真顔になって言いました。

 

「うん、わしは、あの方のことを好いちょる。

一度でいい、あの方に笑いかけて欲しい。

なぁ、寧々、どうしたらいいもんだが・・・」

 

わたしは激しくショックを受けました。

ぬけぬけと、このわたしに他の女性がすきだ、と言ったのです。

夫が妻に、他の女性がすき、などと言うものでしょうか?

だから、意地悪く言いました。

 

「そんなお方が、あなたになんぞ興味を示しますか?

それにもうお輿入れ先が、決まっておりますでしょう?」

 

「そうなんじゃ!

わしの手の届かんところに行かれてしまう。

もう、二度とお顔を見れることもかなわんのが、つらくてたまら~ん!!」

 

そう言いながらわたしに抱きついてきたので、腹が立ったから、ぐいっと押しやってやりました。

だって、そうでしょう?

いくら母親役をしているから、と言って妻に他の女を好いてることを聞かされて腹が立たない女がいましょうか?!

 

「寧々や、怒らんといてちょ。

わしには、とうてい手の届かん人だって知っとるだろ?

信長様の妹様じゃて。

ほんまにお綺麗な方じゃ。

わしのもんにできるなんて、これっぽっちも思っとらん!

わしにとっては、天女様みたいなもんじゃ~~~。」

 

言いながら、1人で赤くなりウギャギャギャと、笑っておりました。

そう、藤吉郎のあこがれている女性は、信長様の妹のお市様でした。

 

お市様の美しさは、このあたりではたいそう有名でした。

わたしもお城に上がった時、何度かお見かけいたしました。

信長様ととても仲がよく、同じ女性の目から見ても美しく男性をひきつける魅力を持ったお方でした。

この時すでに、信長様と同盟を結ぶ浅井家にお輿入れが決まっていました。

 

思い返せば、藤吉郎の自分より格上の女性を好む癖は、この時からすでに始まっていました。

彼の、というのか男のロマンなのでしょうか?

自分より身分の高い女性を、自分のものにしてマウントを取る、ということが。

男の征服欲を、満たすものなのかもしれませんね。

 

この時はお市様もお輿入れされるし、お市様への思慕は一時的なものだろう、と思っていました。

わたしにしたら、子どもが初恋の話をしたようなものだ、真剣に受け取っていませんでした。

ところが藤吉郎の根深い思いは、その後もずっと闇に隠れたカラスのようにわたしの知らぬ所でどんどん深さを増していたのです。

 

やがて浅井家にお輿入れされたお市様が、女子を出産した、という話を聞きました。

 

「お市様がお子様をもうけるのは良いけれど、男子を産めないと肩身が狭いんじゃないかしら?」

 

そう声を潜めてまつさんが、わたしに言いました。

 

「でも、お市様は浅井長政様とたいそう夫婦仲が良い、とか。

それに前の奥様との間に男子がおられるから、いいのかもよ。

とにかく、お子様がいるなら何よりじゃない?」

 

わたしは軽い気持ちで言ったのです。

すると、まつさんはすぐにばつが悪い顔になりました。

 

「あ、ごめんなさい。

寧々さんにお子さんの話をしてしまって・・・

本当にごめんなさい。」

 

その時初めてわたしは、世間を知りました。

世間は、わたしと藤吉郎に子どもができないことを憐れみの対象として見ているのです。

 

この戦国時代は、子孫を残す、血筋を絶やさない、ということが嫁いだ女にとって最上の条件です。

けれど初めからその条件にはじかれていたわたしは、まったく世間ずれしていました。

藤吉郎も実子を望まず

「子どもは、他からもらえばええじゃないか。

どこから来ても、家にきたら家の子よ。」

と言っていました。

 

だから、わたしは自分が子供を産む、という概念から大きく外れていました。

子どもを産む、と言う前提の、閨の契りがないのですから、できるわけもありません。

それが、わたし達夫婦の当たり前でした。

 

「まつさん、いいのよ。気にしないで。

わたしはもう藤吉郎との間の子どもはあきらめているの。

だから、まつさんがたくさんお子さんを産んだら、わたしのところに1人いただけない?

できれば女の子がいいわ。

女の子は母親の味方をしてくれるでしょう?」

 

まつさんは、ホッとした顔をしました。

 

「寧々さん、まかしておいて!

わたし、たくさん子どもを産むわ。

そして、女の子をあなたのところに養女に出すわ。

あなたの所なら安心して、渡せるわ。

約束するから。」

 

そう言って、わたし達は指切りしました。

後年、まつさんは本当にわたしと藤吉郎に女の子をプレゼントしてくれました。

何よりうれしいことでした。

 

しばらくは穏やかな日々が続きました。

ところが、ある日藤吉郎が真っ青な顔をして帰ってきました。

 

「大変じゃ、織田と浅井の同盟が破綻した・・・

長政様は、信長様を裏切った・・・」

 

「なんですって!

でしたら、お市様はどうなるんです?!

お市様と長政様のお子様は、どうなるんです?!」

 

藤吉郎は無言で、頭を抱えていました。

そして暗い声で言いました。

 

「寧々・・・」

 

「はい。」

 

「わしは、信長様に長政様を攻めるように申し付けられた。

お市様を追い詰めることになる。

じゃが、信長様の命に逆らうことはできん。

わしは、お市様に嫌われてしまうんじゃろうか?」

 

わたしは、藤吉郎をしっかり抱きしめました。

 

「つらいね、つらいね。

でもね、あなたが今やるべきことは何?

信長様の命に従うことでしょう?

信長様を盛り立てることでしょう?

そこに意識を持っていって。

 

それに・・・」

 

「それに?

なんじゃ、寧々?」

 

「それに、お市様は信長様の妹。

浅井家と織田家が戦ったら、どうなるのかわかっていると思います。

お市様は、織田の女です。

女はみな、自分の実家を身びいきするものです。

信長様も、お市様を決して見捨てることはないでしょう。

大丈夫です。」

 

藤吉郎は、顔を上げて言いました。

 

「そうじゃな!

そうじゃな!

わしが今するべきことは、信長様を勝たせることじゃ!

それがお市様を助けることになるんだな?

そうだな、寧々?」

 

「ええ、そうです。

信長様を勝たせることが、お市様をお救いすることになります。

だから、あなたは思うがままに活躍してきて下さい。」

 

「わかった!

さすが、寧々じゃ!

わしのかかじゃ、おっかあだ!!」

 

彼はそう言うと、先ほどの落ち込みぶりはどこへやら、わたしの身体のいたるところに、チュウし始めました。

それがくすぐったくて、笑っていました。

いつもはふざけて笑いあって終わるのですが、その日は藤吉郎の唇がわたしのうなじに触れました。

それが思いのほか、ゾクッとくる感触でした。

それまでクスクス笑っていたのに、つい

「ああん」

とわたしの口から、甘い吐息がもれてしまったのです。

 

藤吉郎は、ハッ、と唇を離しました。

わたしも、思わず襟を正しました。

 

「さぁ、これでもう安心ね。

明日から忙しくなります。

もう、寝ましょう。」

 

そうわたしが切りかえると、藤吉郎は安心した顔になりました。

わたし達は何もなかったように、いつものように手をつないで寝ました。

 

いえ、わたしは寝たふりをしていました。

お市様のことを思うと、なかなか寝付けなかったのです。

藤吉郎があんなにも強くお市様に惹かれ、お輿入れされてからも執着していたのが衝撃でした。

彼の執着の強さが、何か別のものを引き寄せなければよいけれど・・・

何か正体はわかりませんが、水に溶かれたような不安がわたしの中に広がりました。

 

お市様はとても美しく聡明な女性だけど、何かあの方には計り知れないところがあるのを感じていました。

あの方に、いつまで、藤吉郎の手の届かない存在でいて欲しい、そう願いました。

それは母親が子供の危険を察知し、守るような力かもしれません。

 

とにかくわたしはそう願いながら、眠りについたのです。

 

 

 

-------------------------------------

 

あなたはもし愛する人から、自分以外の女性が好き、ということを知ったらどうしますか?

 

イイ女ぶりますか?

 

怒りますか?

 

まずは、それを知った自分の気持ちに寄り添ってみましょう。

 

本当は、それを知って傷ついたのではありませんか?

 

自分がどんな気持ちになったのか?

 

それをあなた自身が理解し、寄り添うことが大切です。

 

対処はその後に考えましょう。

 

まずは、あなた自身の気持ちを大切にしましょうね。

 

 

 

 

美しく生きる

 

美開女(Be.Akujo)への三歩目。

 

 

 

 

 

 

 

 

美開女伝説1「お市さ~ん」

 

 

美開女伝説2「茶々ってば」

 

 

 

 

新メニュー

未来のあなたからのメッセージ!「愛・美・富」の扉が開くマジックスペル

 

 

    ~いつでもお受けできる美開女グレイスフル・メニュー~

 

🌸今すぐ未来が開き、動き出す!美開女グレイスフル・セッション裏メニュー

 

🌸未来で待っている幸せを伝える【美開女メール・リーディング】

 

 

【心星ポラリス】

お問合せ・・・info@polaris-sakura.com

080-3136-4189

 

★美開女になって幸せに生きるメルマガ【心星フォーチュン・メッセージ】

 

 

 

 

 

 

 

 

宇宙ビジョン作家 美開女 人響三九楽ひびきさくら さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります