こんにちは。
今日から月曜までオフの桜塾。
お問い合わせは受け付けております。
0225-25-7970




入試後も変わらず来てくれている中3(新高1)のために、入学までの課題をフライングで出してました。

これは生徒からの質問に対してオンラインで返信したときの画像です爆笑

こちらは高校英文法です。
ガッツリ文型の基礎から叩き込みます。
(あえて中学で文型という言い方は指導しません)

理由は、多くの特に進学校と呼ばれる学校で、なぜか文型を軽視する傾向にあるからです。
そのわけもわかってるんですけどね。
結果、よくわからんままに文型やったことにされます。苦笑

あとはもちろん数学。
これも一部の進学校では、春休み課題として自分でやっとけと言わんばかりにテキストを出されて終わり。

うちみたいに学校の課題も合わせて対策するならまだしも、一人でやってる子たちの疑問質問はフォローなし?

内容が中学の延長とはいえ、自己管理がまだそれほど完璧ではない時期の子たちに課題でぶん投げて、やってなければ自己責任ってのはちょっと厳しくない?

そんなことを年々感じ、
進学校の子たちに限らず、中3の子たちには受験後のフォローをきっちりやる。

進学校メンバーは上で示したような高校基礎をガッツリ叩き込む。

これでスタートダッシュの準備を整えます。

今年は過去最高に、高校継続メンバーが多い年となりました。
塾は中学まで、の概念を変えていく取り組みをしてきたからと感じてます。

・上であげた受験後のフォローに加え、
・学校のレベルに合わせた課題設定
・「子」別の指導スタイル
・高校生の安価な授業料設定(中3時よりも確実に月謝は下がります)
・何より中学のうちから「受験はゴールではない」という思考が根付いていること

こういった桜塾の土壌が広がってきていると感じてます。

遊びも、勉強も。
全部頑張る子たちに育ってほしい。
心から願っています。




今年度の合格実績はこちら💮

新規募集中(定員あり)
0225-25-7970


ホームページはこちら
http://sakura19ishinomaki.com/

ジュクサガスの口コミも参考までに
https://jyukusagasu.com/comments/brand/040081