秋晴れのいしのまき。


松島四大観の1つ、奥松島の大高森からの景色「壮観」の眺めです。

一緒に写っているのが今回、長崎より来石していた高校時代の恩師です。

担当は英語でしたが、授業というより、年の近い兄貴的な存在で、カッコいい大人の生き方の例を見せてもらったような印象です。

大学進学の際に迷ったときも、「阪大ならば小野田先生の所へ行け」とアドバイスをくれたのもこの先生。

余談ですが、大学の恩師である小野田先生は、前任校が長崎大学だったのです。





話が逸れました。


私にとって恩師とは、関わった時間以上に、人生の転機になるシーンに何かしらの影響を与えてくれる人だと思います。

そういった人たちに感謝を伝える、時間を共にできる機会があるときは、率先して時間を取りたいと思っています。

「いつか会えるだろう」のいつかは、永遠にやってこないことだってあるんですよね。

現在、教壇ではなく教育委員会に属し、教員のときとはまた違う忙しさに忙殺されそうな日々を送っているとのことでしたが、まとまった休みが唯一取れたということで、私に会いに来てくれました。

精一杯のおもてなしをさせていただき
学校現場や、現場から離れて見える景色のこと、行政側から見た大学入試改革の視点など、話しきれないほどのことを語り合った時間となりました。

昼過ぎに仙台空港へ送り、
私は今から戻って授業準備です。

次の再会に更に刺激を与えあえるよう、
私も成長しなければと感じた時間でした。


新規若干名募集中(受験生募集終了)
0225-25-7970


ホームページはこちら
http://sakura19ishinomaki.com/

ジュクサガスの口コミも参考までに
https://jyukusagasu.com/comments/brand/040081