ウサギとカメ②



おはようございます。
今日も暑くなりそうな1日です。
夕方からは豪雨らしいですけど!




昨日、山内Tのブログで「ウサギとカメ」の話がありました。
ブログをご覧の保護者の方も一度は、自分または自分の子どもに対して

「ウサギ(タイプ)かしら、それともカメ(タイプ)かしら?」

なんてことを考えたことがあるかもしれません。

ウサギ:スピードは速いがムラがある。サボりがち。詰めが甘い。

カメ:スピードは遅いがムラがない。コツコツとやれる。制限時間がなければゴールまできちんとたどり着ける。

こういったイメージでしょうか。

ちなみに私の中高時代は、圧倒的に典型的なウサギタイプでした。

提出物やテストの準備など。

早くから始めればいいのにギリギリまでやらないことが多い。
危なっかしくクリアしていくが、たまたまであることも多い。

一方で、同級生に典型的なカメタイプの子がいました。

ものすごく早く取りかかるが、やり方が上手くないのか1つ1つの動作が要領悪いのか、なかなか終わらない。
締め切りにはきちんと間に合わせるが、えらく時間がかかっている。

では勉強(受験)においてはどちらが良いのでしょうか。

皆さんはどう思われますか?











昨日の山内Tブログに引き続き、
今日のウサギとカメブログ。

私の考えでは、
勉強(受験)においては、どちらも上手くありません。

理由は、
受験はいつまでに、
どれだけのことをやるか(身につけるか)
はっきりしているから。

ウサギのように、やったりやらなかったり、勝手にスピードを変えたりムラがあると、自分の立ち位置がわからなくなります。

カメのように、コツコツできるとしても、その速度や量が間に合うものでなければ制限時間がある中ではゴールに届きません。

大切なのは、
ウサギ(処理スピード)
カメ(正確性・継続性)
どちらも意識するということ。

そのやり方を伝えていきます。



新規若干名募集中(中3一時停止中)

0225-25-7970

 

ホームページはこちら

http://sakura19ishinomaki.com/

 

ジュクサガスの口コミも参考までに

https://jyukusagasu.com/comments/brand/0400814