快晴。
6月初旬にして半袖で過ごし、窓を開けて涼しいと感じる今日の気温はいかがなものか。
来週が入梅、再来週が夏至であるが、すでに7月の感じがしています。

さあ、中総体を今週末に控え、中学生たちのソワソワもピークに達してきました。
黒く日焼けしている子も多く、その頑張りがうかがえます。
高校生はひと足先にひと段落。しかし、すぐに試験が控えています。
うかうかは禁物!

先日、中学1年生の生徒と話していました。
学校で数学の単元テストがあり、結果はそれほどでもなかったらしい。残念

できないわけではないので「どうした?難しかった」と尋ねると、
計算ミスを多くしてしまった、とのこと。

問題が複雑化してくるにつれ、計算が混乱し、それが間違いのもとになったと自己分析
していました。

その自己分析から検証すると、この時期、特に1年生は次から次へと新しいことが舞い込ん

でくる印象でしょう。

やるべきことや考えるべきことはわかっているが、つぎにやること、いま処理することなどが

混同するのだと思います。

練習量を増やすことも一つでしょうが、一旦、足踏みをして頭の整理をする時間を作りたいと
思いました。

すべての教科においてドンドン新しい項目を学習し、消化しきれない間にまた新しいことが
やってくる。このサイクルが続く中で、慣れない部活動が徐々にハードになってきています。
頭も体も余裕がない状態に!


状況を見て、気持ちにゆとりが持てるよう足踏みすることもまた大切、とアドバイスしたいと
思います。

ああダメだ!とならないためにも、ちょっと下がって、助走をつけて再度登れば大丈夫、と
苦しい時のアイデアを与えるのもわれわれの役目かと。

1年生に限ったことではないでしょうが!

ウサギのように急いでゴールを目指す必要はないし、カメのように地道に進んでいても途中で休んじゃダメなわけでもありません。

完走の仕方はどうあれ、まずはゴールに着くことが大切。
それがその後の自信につながるものだから。

 

 

 

新規若干名募集中(中3一時停止中)

0225-25-7970

 

ホームページはこちら

http://sakura19ishinomaki.com/

 

ジュクサガスの口コミも参考までに

https://jyukusagasu.com/comments/brand/0400814