こんにちは!
晴天のいしのまき。




中学生たちの授業において色々気にしていることがありますが、その中の一つに英語の発音指導があります。

宮城県においては、公立の高校入試に発音・アクセントの問題が出ないことが原因だからか、定期テストでも出さない先生が多いです。
よって授業でも扱わない。


英単語の横についてる発音記号も全く習わないままの子たちもいます。

しかしながら高校に入ると、高校の先生の中には「中学のときにやったよねー」なんて言う先生もいるようで。

多くの子たちが衝撃を受けるわけですね。

発音記号をどこまでやるかはともかくとして、正しい発音で普段から音読しまくることが非常に大切であると桜塾では考えます。

全授業、1人ずつ読みの確認と、どういう口や舌の形をすれば英語らしく聞こえるのか、やって見せてマネしてもらうところからです。


こういう絵などもしばしば使い、
子どもたちを笑わせながらやってもらいます。

あとはどれだけ反復したか、
やった数だけ上手くなります。

特に視覚よりも聴覚優位な生徒だと、この発音指導と音読は絶大な効果を発揮することがあります。

英文全然書けなかった子が、音読によってスラスラ書けるようになることも珍しくありません。


と、ここまで発音大事、
という話をしましたが、
言いたいことは他にもあります。

発音に関して言えば、ときに英語の先生であってもすごく発音がヘタな(失礼)人がいます。

私が海外にいたときに一番お世話になった大島先生というオバちゃん先生もそんな感じの発音でした。

めっっっちゃ日本語読みに聞こえる英語。
でも、めっっっちゃ通じるんです。

要は、発音だとか文法を気にするあまり、なかなか話すこと自体にためらいや照れがあっては上達しない、ということ。

桜塾では大体どの時間も、
だれかがブツブツと英語を唱えています。
たまに声大きすぎるときは注意もしますが、声に出すのが当たり前という空間にしています。

英語は教科である前に言語です。
オンラインの英会話の授業を受けている子たちには、まず自分の言いたいことを言葉にして発する大切さを伝えてます。

日本語で考えられないものは英語で考えられないですから。
母国語の日本語を大事にし、手段である英語を鍛えましょう。

今日のまとめ
・発音だいじ
・音読もっとだいじ
・土台の日本語もだいじ

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。



新規若干名募集中
0225-25-7970

ホームページはこちら

ジュクサガスの口コミも参考までに